転出届(市外へ移転)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年2月25日

  • 川崎市以外へ住所を移すときに届けます。転出する前(引越しする前)にあらかじめ届出をしてください。
  • 届出することができるのは、本人、世帯主又は本人と同一の世帯の方に限ります。
  • 代理人が届出をする場合には委任状が必要となります。
  • 海外で生活(おおむね滞在期間が1年以上)する場合にも届出が必要となります。

届出に必要なもの

  • 本人確認のため免許証・パスポート・住民基本台帳カード等官公庁発行の顔写真付き証明をお持ちください(お持ちでない方は、健康保険証・年金手帳(証書)・社員証・学生証等2種類以上お持ちください)
  • 代理人が請求する時は、委任状と代理人の本人確認のとれるもの(免許証・パスポート等)
  • 印鑑

関連情報

転入転出の特例について

〔特例を受けられる方:住民基本台帳カードをお持ちの本人又は同一世帯の方〕

留意事項

  • 新住所に転入した日から14日以内に転入先の市区町村において転入手続きを行わない場合、住民基本台帳法の規定により5万円以下の過料に処せられる場合がありますので御注意ください。
  • 外国人住民の方が転入の手続きをする場合には、転入する方全員の在留カード又は特別永住者証明書を持参してください。
  • 出入国管理及び難民認定法(入管法)上の在留資格をもって日本に中長期間在留する外国人住民の方は、正当な理由なく住居地の届出を行わない場合、在留資格が取り消されることもありますので御注意ください。

受付窓口

  • 住所地を管轄する区役所区民課・支所区民センターとなります。
  • 受付時間は平日(月曜日~金曜日)午前8時30分から午後5時00分までとなります。
  • 区役所区民課では、毎月第2・第4土曜日の午前8時30分から午後0時30分まで受付けをしています。ただし、支所区民センターでは第2・第4土曜日の受付けは行っておりませんので、御了承ください。
  • 午前中の早い時間帯は、比較的少ない待ち時間で手続きをすることができます。
  • 市役所、出張所及び行政サービスコーナーでは取扱っておりませんので、御留意願います。

問い合わせ先

お住まいの区の区役所区民課、支所区民センターまでお問い合わせください。

川崎区役所区民課 044-201-3113 (区役所総合案内)
大師支所区民センター 044-271-0130 (支所総合案内)
田島支所区民センター 044-322-1960 (支所総合案内)
幸区役所区民課 044-556-6666 (区役所総合案内)
中原区役所区民課 044-744-3113 (区役所総合案内)
高津区役所区民課 044-861-3113 (区役所総合案内)
宮前区役所区民課 044-856-3113 (区役所総合案内)
多摩区役所区民課 044-935-3113 (区役所総合案内)
麻生区役所区民課 044-965-5100 (区役所総合案内)
市民・こども局戸籍住民サービス課 044-200-2259

郵送での転出手続きについて

 急な転出等何らかの事情により窓口に届出をできない場合には、郵送で転出届をすることができます。
 郵送での転出届は便せんやレポート用紙等に、

  • 引越をする(した)年月日
  • 今までの住所及び世帯主氏名
  • 新しい住所及び世帯主氏名
  • 本籍地、筆頭者氏名
  • 引越をする方全員の氏名、生年月日、性別
  • 届出人の署名または記名押印及び今現在の住所
  • 届出人の昼間連絡がつく電話番号

を記入して頂き、 本人確認のため運転免許証・パスポート等のコピーと返信用の封筒(82円切手を貼ってください)を同封してください。

※官公庁が発行した顔写真付の免許証等をお持ちでない場合には、健康保険証・年金手帳(証書)・社員証・学生証等2種類以上のコピーを同封してください。

※電話等での請求は受付ていません。請求書を必ず郵送してください。

転出届の取消し

 転出届を提出し、転出証明書を受取後、転出の予定が変更となり、川崎市に引き続き居住するようになった場合、転出の取消しの申出をしていただきます。

転出取消しの申出

転出取消しの申出人

本人(転出予定であった方)又は元の住所の世帯主

転出取消しの申出に必要なもの

  • 転出証明書
  • 本人又は元の住所の世帯主の本人確認書類と印鑑
  • 任意代理人が転出取消しの申出をする場合には、委任状

添付書類

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。