スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

既存特定飲食提供施設に対しての経過措置と届出

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年1月17日

既存の経営規模の小さな飲食店に対しての経過措置

以下の3つの条件すべてに該当する飲食店(既存特定飲食提供施設)については、店内の全部または一部を喫煙及び飲食可能とできる経過措置があります。
 ※経過措置の期間は定められていません。

1.2020年4月1日時点で営業している既存店舗である
2.個人または資本金5000万円以下の会社が経営している
3.客席面積が100平方メートル以下である
 ※客席面積:客に飲食をさせるために客に利用させる場所。
   店舗全体の面積から、厨房、トイレ、廊下、会計レジ、従業員専用スペース等、
   客席から明確に区分できる部分を除いた面積。

経過措置の適用を受ける場合は川崎市への届出が必要です(店舗の所在地が川崎市内の場合)。

【20歳未満の方の喫煙室への立入は禁止です。以下をよく確認してください】
既存特定飲食提供施設に該当する飲食店であっても、店内での喫煙を可能とする場合は、お客様だけでなく従業員等を含むすべての20歳未満の方の喫煙室への立入が禁止となります。
また、店内の全部を喫煙可能とする場合は、20歳未満の方の店舗への入店自体が認められません。
以上を踏まえて、経過措置の適用を受けようとする場合は、慎重に検討してください。

なお、喫煙室(喫煙可能室)の設置については、設置要件を満たす必要があります。
詳細は、受動喫煙防止対策のページの〔3.喫煙室の要件〕をご覧ください。
※店内全部を喫煙可能とする場合(喫煙可能店)は、「たばこの煙の流出防止にかかる技術的基準」(「受動喫煙防止対策」のページ参照)のうち、「(2)たばこの煙が室外に流出しないよう、壁、天井等によって区画されていること」を満たす必要があります。
※(1)、(3)の要件は満たさなくても可。

経過措置の届出について

〇届出方法:郵送のみ。切手代はご負担ください。
        ※届出書類は折りたたんでいただいて結構です。
〇郵 送 先 :〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階
        川崎市健康福祉局保健所健康増進課(受動喫煙防止対策担当)宛
〇届出期間:令和元年10月1日(火)から受付開始
〇届出様式:『喫煙可能室設置施設 届出書』 (下記をご覧ください)
※届出書以外の書類は提出不要です。
  客席部分の面積がわかる資料、及び資本金または出資の額がわかる資料
 (会社の場合のみ)は、店舗に備え付けておいていただければ結構です。
【郵送される前に届出書の控えをおとりください】
 お送りいただいた届出書は返却しませんので、必ずお手元に控えをおとりください。

なお、届出内容を確認のうえ、店舗掲示用の標識(ステッカー)を送付いたします。

届出書の様式と記入方法

該当する届出書のファイルをダウンロード(保存)してご利用ください。

店内の全部を喫煙可能としたとき、または店内の一部に喫煙可能室を設置したとき
 
喫煙可能室設置施設 届出書(DOCX形式)
   ※記入見本をご参照ください。⇒ 届出書記入見本(PDF形式)

〇届け出た内容(店舗の名称及び所在地,店舗の管理権原者の氏名及び住所(法人の場合は,店舗の管理権原者の名称,主たる事務所の所在地及び代表者の名前))に変更が生じたとき ⇒ 喫煙可能室設置施設 変更届出書(DOC形式)

〇喫煙可能室を廃止したとき ⇒ 喫煙可能室設置施設 廃止届出書(DOC形式)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所健康増進課(受動喫煙防止対策担当)
〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階
電話:044-200-0155
ファクス:044-200-3986
メールアドレス:40kenko@city.kawasaki.jp