おむすびレシピコンテスト

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年4月28日

コンテスト入賞作品のレシピを公開します!

 川崎区は、東海道川崎宿を活かした地域活性化推進事業の一環として平成27年4月より毎年「東海道川崎宿三角おむすびレシピコンテスト」を開催しています。

 本コンテストに御応募いただいた作品の入賞作品を公開することで、市内の事業者の方々に商品化をしていただき、東海道川崎宿の認知向上及び市内の地域活性化を図りたいと考えています。

東海道川崎宿 御紋むすび伝説とは

 時は江戸時代、8代将軍に就任するため、紀州から江戸に向かっていた徳川吉宗一行が川崎宿に宿泊した際、田中本陣の主である田中休愚が、吉宗一行の食事を賄うため「白米一升を飯に炊き、川崎に持参するものは、2升分の値を取らす」というお触れを近在の農民へ回しました。宿場にはたちまち白米のご飯が集まり、これをおむすびにして行列の人々の空腹を満たすことが出来ました。

 吉宗は、この当意即妙の措置にいたく感心し、その後代々の紀州の殿様が川崎宿を通るときには決まってその従者におむすびを出させるようになったといわれています。その際に、三角形に握り、丸い盆に3つずつ並べて、これを徳川家の葵の御紋に見立てたことから「御紋むすび」と呼ばれ、以後300年にわたり川崎宿の名物となりました。このことから川崎宿が三角おむすびの発祥の地といわれています。

販売をするためには

販売をするためには、届出の提出(DOC形式,36.00KB)が必要となります。その上で、おむすびイメージロゴを商品に表示し販売をしていただきます。ロゴは、届出書の提出後、データで提供いたします。詳しくは、取扱要綱(PDF形式,97.69KB)をご覧ください。

第1回コンテスト 入賞レシピについて

第1回コンテスト入賞レシピはこちらです。

第2回コンテスト 入賞レシピについて

第2回コンテスト入賞レシピはこちらです。

第3回コンテスト 入賞レシピについて

第3回コンテスト入賞レシピはこちらです。

入賞レシピ販売店舗など

本レシピを使用したおむすびの販売をしていただける店舗様を御紹介します。

時計屋さんのお米ハウス

1 販売レシピ

(1)小松菜ごはんのみそ焼きおむすび(PDF形式,291.92KB) 【第1回優勝】 ※注文により販売

(2)貝や青さをまぜ込んで(PDF形式,513.84KB) 【第2回優勝】 ※注文により販売

(3)御門むすび(PDF形式,497.41KB) 【第2回準優勝】※注文により販売

(4)おむすびはバクハツだ。(PDF形式,161.71KB) 【第3回優勝】通常販売中

(5)川崎産直野菜と奈良茶飯(PDF形式,454.88KB)【第3回準優勝】※注文により販売

2 販売予定価格

 (5)を除き110円(税込み)

 (5)は120円(税込み)

3 店舗住所    

川崎区追分町5-1 

4 問合せ先    

  044-344-5677

※詳細は、店舗へ直接お問い合わせください。   

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部地域振興課

〒210-8570 川崎市川崎区東田町8番地

電話:044-201-3133

ファクス:044-201-3209

メールアドレス:61tisin@city.kawasaki.jp