スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

平成30年度 川崎臨海部の夢発見!バスツアー

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月23日

コンテンツ番号99966

平成30年度 川崎臨海部の夢発見!バスツアー

 日頃、足を運ぶ機会の少ない臨海部を身近に感じ、関心を持ってもらうことを目的に、小学校高学年の児童を対象とした「川崎臨海部の夢発見!バスツアー」を開催しました。

 応募者多数により抽選となってしまいましたが、世界最先端の技術が集積する臨海部の見学を通して、あらためて川崎区の魅力を知ってもらうことができました。

日時

Aコース 平成30年7月31日(火) 午前9時30分~午後4時30分

Bコース 平成30年8月21日(火) 午前9時30分~午後4時30分

見学先

Aコース

川崎港⇒川崎マリエン⇒東京電力フュエル&パワー(株)川崎火力発電所⇒川崎バイオマス発電(株)川崎バイオマス発電所

 

Bコース

川崎港⇒川崎マリエン⇒味の素(株)川崎工場⇒川崎バイオマス発電(株)川崎バイオマス発電所

募集概要

募集対象:区内在住の小学校3~6年生の児童と保護者(2名1組)

募集期間:平成30年6月1日~25日

募集定員:各コース 20組40名

参加費用:200円(損害保険料)

概要

巡視船「あおぞら」

巡視船「あおぞら」

川崎マリエンからの風景

川崎マリエンからの風景

味の素(株)川崎工場

味の素(株)川崎工場

巡視船「あおぞら」に乗って、海から川崎港を見学。大きなタンカーやいろいろな工場、羽田空港の滑走路など、たのしいガイドを聞きながら大満足の見学でした。

川崎マリエンでは、地上51mの展望室から川崎港を一望。360°見渡せる大パノラマで、船から見た景色を上空から見学しました。

味の素(株)では、専用バスに乗ってほんだしの製造工場へ。かつお節削り体験では、はじめは悪戦苦闘していましたが、慣れるとみんな上手に削れて大喜びでした。また、ほんだしの試食など盛りだくさんの内容でした。

東京電力フュエル&パワー(株)川崎火力発電所

東京電力フュエル&パワー(株)川崎火力発電所

川崎バイオマス発電(株)川崎バイオマス発電所

川崎バイオマス発電(株)川崎バイオマス発電所

川崎バイオマス発電(株)川崎バイオマス発電所

川崎バイオマス発電(株)川崎バイオマス発電所

世界最高水準のシステムを誇る川崎火力発電所では、環境にも配慮された発電技術について学んだほか、楽しい実験もありました!また、施設見学では圧倒的な外観に驚きの声が上がっていました。

川崎バイオマス発電所では、廃材を燃料とした環境にやさしい発電について学びました。地上41mの発電所屋上での見学は、みんなドキドキ。また、バイオマス燃料を実際に触ったり、においを嗅いだり、興味深々でした。

 

参加者の感想(アンケートからの抜粋)

・どれも初めてのものばかりでおもしろかったので、また来たいと思いました。(児童)
・川崎のことをたくさん知れてよかったです。新しい発見でした。(児童)
・船に乗って外を見たら、ものすごくでかい船があっておどろきました。(児童)
・マリエンタワーが高くてびっくりした。川崎全体がよく見えた。(児童)
・味の素のかつおをけずるのとシアターが楽しかったです。今度、ママといっしょにほんだしで料理してみたいです。(児童)
・火力発電所では二酸化炭素をあまり出さない取組に驚きました。(児童)
・バイオマス発電所では燃料のコーヒーのくず等がさわれてよかったです。(児童)

・いろいろな企業があることを知って、親子ともに自分の地域に誇りを感じたツアーでした。(保護者)
・川崎に住んで10年近くなりますが、新たな発見があり、大人も十分楽しみ、知識を養うことができました。(保護者)
・今日はとても楽しかったです。親子で参加できるという点が普段と違いゆっくり話せる機会にもなり、良いと思いました。(保護者)
・マリエンでは、景色の説明がわかりやすかったです。(保護者)
・味の素の工場見学にずっと行きたいと思っていたので、とても楽しめました。あじぱんだ かわいいですね~。(保護者)
・火力とバイオマスの発電所の見学、説明や実験、体験(触感)に驚嘆!親子で勉強になりました。(保護者)
・川崎火力発電所の大きさと熱にビックリし、バイオマスの燃料チップの量にビックリしました。(保護者)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部地域振興課

〒210-8570 川崎市川崎区東田町8番地

電話:044-201-3137

ファクス:044-201-3209

メールアドレス:61tisin@city.kawasaki.jp