スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

1-1 統計ってどんなものかな?

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年8月5日

コンテンツ番号9630

関連記事

統計ってどんなものかな?

 みなさんは統計という言葉を聞いたことがありますか?
 聞いたことはあるけど、よく分からない!という人も多いのではないでしょうか?

 統計とは、「ある集まりについて調べたり、数えたりして分かった数」のことをいいます。

  それでは、さっそく、統計をみてみましょう。

えんぴつの絵

 下の表は、川崎市内に住んでいる人という「集まり」について、人数と年令を調べて、3つのグループ(0才~14才、15才~64才、65才以上)にまとめた統計です。

 昭和47年(1972年)と平成27年(2015年)を比べてみてみましょう。

※ 昭和47年は川崎市が政令指定都市となった年です。
  政令指定都市とは、市の中で特に大きな市で、県の仕事の一部をすることができる都市です。
  現在、国内では、20の市が政令指定都市となっており、神奈川県では川崎市、横浜市、相模原市の3つの市が政令指定都市です。

川崎市に住んでいる人の数
0才~14才15才~64才65才以上
昭和47年
(1972年)
234,841人709,260人36,179人
平成27年
(2015年)
184,135人 972,976人 279,482人

 さあ、この表からどんなことが分かりましたか?
 例えば、

 0才~14才の人は ・・・・ 50,706人、少なくなっている。
 15才~64才の人は・・・263,716人、増えている。
 65才以上の人は  ・・・・243,303人、増えている。しかも7.7倍にもなっている。

 というようなことが分かりますね。

 このことから、川崎市では、子供が少なくなっており、65才以上の人がすごく増えていることが分かりますね。

家族の画像

 つまり、統計をみると、その「集まり」について、いろいろなことが分かってきます。

 次は、統計がどんなことに役立つのかを見てみましょう!

 

 「1-2 統計ってどんなことの役に立つの?」

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局情報管理部統計情報課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2067

ファクス:044-200-3799

メールアドレス:17tokei@city.kawasaki.jp