スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

1-2 統計ってどんなことの役に立つのかな?

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年8月5日

コンテンツ番号9641

関連記事

統計ってどんなことの役に立つのかな?

 統計はどんなことの役に立つのでしょうか?

 実は、みなさんも気が付かないうちに統計を見たり、使ったりしています。         

グラフの画像

 例えば・・・

 みなさんがゲームを買おうとしています。
 少しでも安く買いたいときはどうしたらいいでしょうか?

 近所のお店で、いくらで売っているかを調べますよね。

 調べてみたら、A店では15,000円、B店では13,000円、C店では16,000円・・・・で売ってることが分かりました。

 調べた結果は、「近所のお店のゲームの値段の統計」です。
 ここから、B店が一番安いことが分かりました。

 このように統計は、何かを考えて決めるときの理由や目印となり、みなさんの生活の役に立つとても大切なものです。

 もちろん川崎市でも、みなさんが安心して生活できるように、統計をいろいろな所に使っています。
 
 それでは、次に、統計の作り方を見てみましょう!

 

 「1-3 統計の表やグラフを作ってみよう!」へ


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局情報管理部統計情報課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2067

ファクス:044-200-3799

メールアドレス:17tokei@city.kawasaki.jp