スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

公文書館企画展示

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年10月1日

コンテンツ番号122293

公文書館企画展示「あなたに伝えたい記録と記憶-公文書館所蔵資料から-」

第12回 川崎市が「生まれた時代」~大正時代の社会と生活~

【開催期間】 令和3年10月1日(金)から令和4年3月31日(木)まで

 ※月曜、祝日、12月29日~1月3日は休館

      (休日が月曜日に当たるときは、当該日の直後の休日でない日も休館)

   開館日の詳細については、カレンダーをご覧ください。

【開館時間】 8:30~17:00

【場所】 川崎市公文書館(川崎市中原区宮内4-1-1) 1F ロビー

 

タクシー、ラジオ、キャラメル、カルピス、コーラ…。これらは、すべて今から約100年ちょっと前の大正時代に誕生したものです。

現代にもつながる大衆文化が作られた大正時代ですが、比較的長く続いた明治時代と昭和時代に挟まれ、わずか15年という短い時代であったため、あまり取り上げられることが少ない時代のように思われます。

そんなどこか印象の薄い大正時代ですが、最近大ヒットしたマンガ『鬼滅の刃』によって注目が集まりつつあります。

さまざまな文化が誕生した大正時代ですが、実は川崎市も大正時代に誕生しました。

今回の展示では、大正時代の川崎の社会や生活に焦点を当てます。

大正時代とはどんな時代だったのか、当館所蔵の歴史的公文書を観察することで思いや考えをめぐらせてみてください。

多くの方のご来館をお待ちしております。

 


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局情報管理部公文書館

〒211-0051 川崎市中原区宮内4丁目1番1号

電話:044-733-3933

ファクス:044-733-2400

メールアドレス:17koubun@city.kawasaki.jp