スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎大師駅の柱(かわさきだいしえきのはしら)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2006年2月20日

コンテンツ番号6306

社会>交通手段>鉄道

所在地

京浜急行大師線川崎大師駅

所有者

京浜急行電鉄(株)

川崎大師駅の柱

川崎大師駅の柱

明治32年1月21日、大師電気鉄道の開業と同時に、大師駅も開業しました。当時は、海岸電気軌道(後の鶴見臨海鉄道)との連絡駅でした。昭和19年6月から昭和20年1月にかけて、旧海岸電気軌道の廃線跡を一部利用し、軌道を桜本まで延長し川崎市電と連絡しました。現在の駅舎は昭和31年10月にコンクリート造りに改築され上りホーム改札口付近の屋根の支柱に「1926」の刻印のあるレールが10本使用されています。いつから使用されたか定かではありませんが、川崎大師駅の歴史を物語るひとつといえます。

一般公開 有

お問い合わせ先

京浜急行電鉄(株) 京急ご案内センター

電話:045‐411‐0999

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp