スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

OASYS100(OASYS100)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

コンテンツ番号6435

社会>情報通信>情報処理

所在地

川崎市中原区上小田中4‐1‐1

所有者

富士通(株)

OASYS100

OASYS100

日本語ワープロが登場したことにより、それまで和文タイプを駆使して長時間かけて作成していた日本語文書が簡単に作成できるようになりました。OASYS100は、1980年(昭和55年)に富士通製の日本語ワープロとして初めて商品化されました。1つのカナ文字入力が1回の打鍵で済む独自開発の「親指シフトキーボード」を採用しました。展示されている装置は1983年(昭和58年)に製造されたものです。

一般公開 無

お問い合わせ先

富士通(株) 川崎工場テクノロジーホール

電話:044‐777‐1111

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp