スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

魅力あふれる個店創出事業(1次公募) ※ 受付終了

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年8月1日

コンテンツ番号18526

1次公募(申込受付期間:4月18日~6月24日)の受け付けは終了しました。

募集チラシ

募集チラシ(PDF形式)は上の画像をクリックしてください。

商業者(個店)、商業者グループ向け支援制度
~商業者の創意工夫を積極的に応援します~ 

この事業は、意欲とアイデアのある市内の商業者や商業者グループが実施する事業に支援することで、新たな連携・協働による先進的かつ意欲的な事業を創出し、市内商業の活性化を図ることを目的としています。

対象者

  1. 商業者
     市内に店舗又は事業所を有する中小企業商業者等
  2. 商業者グループ
     市内に店舗又は事業所を有する中小企業商業者等が原則3者以上集まり活動している任意団体(規約等で代表者の定めがあることが必要)

「中小企業者等」とは、中小企業基本法(昭和38年法律第154号)のサービス業及び小売業、または特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号)の特定非営利活動法人のうち、法人税上の収益事業を行っている法人を指します。

申請には、交付要綱・公募要領で定められた条件を満たす必要があります。必ずご確認ください。

対象事業

令和4年度中に新たに始める次の事業

  • 新商品、共同ブランド等の開発
  • 新事業展開・業態転換
  • デジタル化推進

補助内容

  • 補助率:補助対象経費の2分の1以内
  • 補助限度額:30万円以内(商店街加盟の場合は、50万円※)
  • 最低事業費:10万円以上

※商業者グループでの申請の場合は、参画事業者の半数以上が商店街に加盟していることが条件です。

申請に必要な書類

  1. 交付申請書(様式第1)
  2. 事業計画書(様式第1-2)
  3. 収支予算書(様式第1-3)
  4. 暴力団排除に係る誓約書
  5. 下記その他必要書類

その他必要書類

  • 直近年度の市民税納税証明書(商業者グループの場合は代表者のみ)
  • パンフレットやHPの写しなど、商店の概要が分かるもの(商業者グループの場合は代表者のみ)
  • 新事業展開・業態転換のために店舗改装をおこなう場合は、内装や外装など現状が確認できる写真

(商業者単独での申請の場合)

  • 法人にあっては、発行から3か月以内の法人登記簿謄本(履歴事項全部証明)
  • 個人にあっては、開業届又はそれに類するもの

(商業者グループでの申請の場合)

  • 構成員名簿、代表者について定めがある規約等

上記以外にも市長が必要と認める書類の提出を求めることがあります。

申請受付期間

令和4年4月18日(月)から令和4年6月24日(金)まで。(必着)

申請書提出前に書類の書き方について市へ相談することができます。また、事業計画については、産業振興財団の専門家よりアドバイスを受けるための案内も可能です。この場合、申請書提出締切までに2週間程度余裕をもってお問い合わせください。

補助金を活用した事業の流れ

補助金を活用するためには、審査会(7月上旬/日時指定)にて、プレゼンテーションを行い、事業として適当と認められる必要があります。

採択基準を超える申請が一定数を超える場合は、評価の高いものから順に採択します。

  1. (任意)事前相談
  2. 申請書提出
  3. 審査会/プレゼンテーション(7月上旬)
  4. 事業実施(8月頃~)
  5. 実績報告書提出
  6. 補助金交付

活用事例

事業名 「ワインの搾りかすを活用した環境配慮型の化粧品開発プロジェクト」

(株式会社CarnaEst/令和3年度実施)

ワインの醸造過程
地域の大学・市内企業と連携して商品開発したバスソルト

 ワインの醸造の際に廃棄される「果実の搾りかす」を活用し、地域の大学・地域企業と連携し、環境に配慮したバスソルトを開発。「川崎ブランド」としての名産品を目指すなど、新たな可能性を見出した。

要綱・要領等

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

経済労働局 観光・地域活力推進部 商業・サービス業振興担当
電話:044-200-2330
ファクス:044-200-3920
メールアドレス:28syogyo@city.kawasaki.jp
住所:〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 フロンティアビル10階