スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

友好都市:瀋陽市と連携した取組

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年9月11日

コンテンツ番号12740

 川崎市と瀋陽市は、友好都市を締結した1981年以降、幅広い分野で交流を行っています。環境分野においても、環境技術研修生の受け入れや環境省の「日中都市間連携協力事業」への参画など、瀋陽市との環境技術交流は年を追うごとに深まってきています。

循環経済発展協力に関する協定

 川崎市と瀋陽市は、環境分野での交流を通して友好関係をより一層深めるとともに、環境と経済の好循環を推進し、協力して環境課題に取り組むことを目指し、「循環経済発展協力に関する協定」を締結(2009年2月16日)し、環境分野でのさまざまな取組を進めています。

 2012年5月にはさらに相互の環境模範都市づくりに向けた協力を推進するため、川崎市・瀋陽市の環境関係5機関の協力に関する覚書を締結し、共通する環境課題解決のため協力しています。

覚書のページへ外部サイトへリンクします

瀋陽市環境技術研修生の受入

 川崎市と瀋陽市相互の環境技術交流と友好関係の推進を図るため、瀋陽市から環境技術研修生を受け入れ、講義や視察、意見交換会などを実施しています。
 1997年の第1期を皮切りに、2019年の第22期で、延べ53名の研修生を受け入れました。研修生は帰国後、瀋陽市の環境行政の根幹を担うなど、幅広く活躍しています。

○第22期環境技術研修生

<行政職員>

研修期間:2019年7月15日~7月19日                                                        研修生:瀋陽市生態環境局行政職員 2名

<技術職員>

研修期間:2019年7月14日~8月3日                                                        研修生:瀋陽市生態環境局技術職員 2名


環境局長表敬


講義の様子


見学の様子


見学の様子


意見交換会の様子


意見交換会後の集合写真

日中都市間連携協力事業の取組

 環境省が2014年度から実施している中国の大気環境改善のための事業で、日中の友好関係や協力関係を基礎とし、大気汚染対策分野での交流や取組を実施しています。 

 川崎市は長年培ってきた瀋陽市との友好関係を活かして当該事業に参画し、PM2.5共同研究を通じて実態調査や発生源解析等を実施し、蓄積したノウハウや経験等を活かして、瀋陽市の大気環境の改善に貢献する取組を進めています。


集合写真


協議の様子


研究の様子

2018年度には、PM2.5共同研究成果報告会を両市で開催するとともに、研究の成果を報告書にまとめました。


環境省主催の総括セミナー


川崎市主催の成果報告会


瀋陽市主催の成果報告会

川崎国際エコビジネスフォーラム

 瀋陽市は川崎市が主催する川崎国際エコビジネスフォーラムに参加しています。


集合写真


市長と瀋陽市からの参加者


瀋陽市の講演の様子

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

環境局 環境総合研究所 事業推進課
電話:044-276-9118
ファクス:044-288-3156
メールアドレス:30kokuse@city.kawasaki.jp
住所:〒210-0821 川崎市川崎区殿町3-25-13
    川崎生命科学・環境研究センター3階