スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

低周波音の主な発生源

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年1月23日

コンテンツ番号15442

 低周波音は、工場・事業場等の大型機械や橋梁等の構造物などのほか、交通機関や近隣の商店・施設の設備機器等、更には風などの自然現象からも生じています。

 また、大きさ的には小さいですが、私たちの身近にある家庭用機器からも発生しており、知覚はされないものの、常に私たちの身近に存在します。

低周波音の発生する可能性のある機器等

工場・事業場

  • 送風機(乾燥機、空調機、冷却塔等)
  • 往復式圧縮機
  • ガスエンジン
  • ディーゼル機関(非常用発電装置等)
  • 真空ポンプ(ロータリーブロワ、脱水ポンプ)
  • 燃焼機器(ボイラ等)
  • 工作機械(機械プレス機、振動ふるい機等)
  • 変圧器

構造物等

  • 橋梁
  • 高架道路
  • 鉄道用トンネル
  • 治水施設(ダム、堰堤等)
  • 風車

交通機関

  • ディーゼル機関(船舶、バス、トラック等)
  • 航空機
  • ヘリコプター

家庭用機器

  • 空調機類
  • 給湯器類(エコキュート、エネファーム、エコウィル)
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 乾燥機類

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境対策部大気環境課 騒音振動担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2525

ファクス:044-200-3922

メールアドレス:30taiki@city.kawasaki.jp