スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

検討連絡会議から市長へ答申 2000(平成12)年6月

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年10月2日

コンテンツ番号5292

市長への答申

 川崎市子ども権利条例検討連絡会議は、1998(平成10)年9月から、市民や子どもたちと意見交流を重ねながら検討してきた「子ども権利条例案」の骨子をまとめ、2000(平成12)年6月29日に答申書「川崎市における子どもの権利保障をめざして~『川崎市子どもの権利に関する条例』の策定にあたって~」を市長に提出しました。

 川崎市では、この答申を受け条例案として整備をすすめ、2000(平成12)年12月の定例市議会において市長提案として上程し、満場一致で川崎市子どもの権利に関する条例が可決されました。

川崎市における子どもの権利保障をめざして(答申) 2000(平成12)年6月

答申の表紙

 ―「川崎市子どもの権利に関する条例」の策定にあたって―
 川崎市子ども権利条例検討連絡会議

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 こども未来局青少年支援室 子どもの権利担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2344

ファクス:044-200-3931

メールアドレス:45sien@city.kawasaki.jp