スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

各高速道路の取組

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年10月21日

コンテンツ番号95814

目次

1.川崎市を取り巻く高速道路

2.首都圏の高速道路料金

3.首都高速道路の大規模更新事業と高速大師橋

 

1.川崎市を取り巻く高速道路

川崎市には、市域を横断する高速道路として「東名高速道路」、「第三京浜道路(国道466号)」、「首都高速神奈川1号横羽線」、「首都高速湾岸線」の計4本の路線が通っています。(ここでは、自動車専用の有料道路を高速道路と呼んでいます)

市域を縦断する高速道路としては、「川崎縦貫道路(高速川崎縦貫線)」が計画されており、事業中である1期区間(浮島~国道15号間)と、計画の具体化に向けて調査・検討中の2期区間があります。川崎縦貫道路につきましてはこちらを御覧ください。

川崎市域の高速道路

川崎市域にける高速道路(画像をクリックすると拡大します)

その他、川崎市内の主要な道路についてはこちらを御参照ください。

2.首都圏の高速道路料金

平成28年4月1日(金)から、首都圏(圏央道内側)の高速道路の料金体系が対距離制を基本とした利用重視の料金体系に変わりました。

変更概要等につきましては、次のサイトにて御確認ください。

首都圏の高速道路料金等に関する総合サイト外部リンク

東京2020大会及び横浜環状北西線開通に係る首都高速道路の料金施策につきましては、こちらを御確認ください。

 

3.首都高速道路の大規模更新事業と高速大師橋

首都高速道路(株)は、首都高速道路全線のうち、「特に重大な損傷が発見されており、将来的に通行止め等の可能性が高い箇所」を大規模更新箇所として選定し、道路構造物を長期にわたって健全に保つため、構造上、維持管理上の問題や損傷状況等を精査しながら更新事業を進めています。

多摩川を渡河する橋梁、高速大師橋(首都高速神奈川1号横羽線)もその1つです。高速大師橋は、昭和43年(1968年)に供用を開始し、50年以上も首都圏の自動車交通を支えてきました。その一方で、過酷な使用状況等による損傷が多数発生している状況となっています。

現在、高速大師橋の造り替えを行い、損傷が発生しにくい構造とする工事を首都高速道路(株)にて進めています。

高速大師橋の基本情報
 都市計画道路の路線名 東京都市計画道路都市高速道路第一号線
川崎都市計画道路1・4・1号 横浜羽田空港線
 所在地(住居表示) 東京都大田区羽田二丁目、羽田三丁目
神奈川県川崎市川崎区殿町一丁目
 施工延長 約300m
 車線数 4車線

事業の詳細は次のページにて御確認ください。

首都高速道路(株) 高速大師橋更新事業ホームページ外部リンク

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局広域道路整備室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1  川崎駅前タワー・リバーク20階

電話:044-200-2039

ファクス:044-200-3979

メールアドレス:53koiki@city.kawasaki.jp