スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

小規模屋外貯蔵タンクの津波・水害対策について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年6月8日

コンテンツ番号140798

小規模屋外貯蔵タンクの津波・水害対策について

概要

 東日本大震災や近年の風水害において、小規模な屋外貯蔵タンクが津波により滑動・転倒する事故が発生しています。それらに対応するために、設備的対策の工法例として、ガイドラインが策定されましたので、ご紹介させていただきます。

 

・対象タンク

 500kL未満の小規模な屋外貯蔵タンクで、底板を地盤面に接して設置される縦置き円筒型タンク

 

・津波・水害対策工法の種類

 (1)タンクと基礎を炭素繊維強化プラスチックで面的に固定する工法

 (2)タンクの側板中間段と防油堤内に設けられたアンカーをワイヤーで緊結固定する工法

 

・小規模屋外貯蔵タンクの津波・水害対策工法に係るガイドライン

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 消防局予防部危険物課

〒210-8565 川崎市川崎区南町20-7

電話:044-223-2732

ファクス:044-223-2795

メールアドレス:84kiken@city.kawasaki.jp