スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

火災・救急統計

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年1月25日

コンテンツ番号20726

過去3年の統計

過去3年の火災、救急件数
     令和3年  令和2年  令和元年 
  火災件数    42件   34件    35件 
  救急出場件数   8,959件  8,582件 

  9,826件

救急出場件数については、多摩区内で発生した救急件数です。(多摩消防署以外の救急車が出動した件数も含みます)

火災

令和3年中多摩消防署管内の火災件数 42件

  多摩区内における令和3年中の火災件数は、前年から8件増加し42件となりました。

 火災の種別ごとに見ると「建物火災」が31件で、全体の約74%を占めており、「その他の火災」が10件(24%)、車両火災が1件(2%)となっています。

 火災原因については以下のとおりで、火災により負傷者5名、死者2名が発生しました。

火災原因別件数
 順位原  因 件数
1位放  火14件
2位電気関係等6件
3位たばこ5件
4位 こんろ4件
5位ストーブ3件
6位排気管2件
7位たき火1件
8位灯  火1件
9位こたつ1件
10位その他  5件
放火防止イラスト

救急

令和3年中多摩消防署管内の救急出場件数  8,959件

 多摩区内における令和3年中の救急件数は、8,959件で、前年と比較すると387件増加しています。1日平均救急件数は約24,5件で、多摩区内4隊の救急隊のほか、隣接消防署の救急隊も多く多摩区に出動しています。

令和3年中多摩消防署救急出場の主な内訳
 救急種別急病 一般負傷 交通事故 転院搬送 その他 
 件数6,236件 

 1,346件

444件 

375件 

 558件
救急隊太助

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 消防局多摩消防署

電話:044-933-0119