スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

海域の環境基準値について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年4月1日

コンテンツ番号16433

令和4年4月1日現在

人の健康の保護に関する環境基準

人の健康の保護に関する環境基準
項目 環境基準値 項目 環境基準値 
 カドミウム 0.003mg/L以下 1,1,2-トリクロロエタン 0.006mg/L以下
 全シアン 検出されないこと。 トリクロロエチレン 0.01mg/L以下
 鉛 0.01mg/L以下 テトラクロロエチレン 0.01mg/L以下

 六価クロム

 0.02mg/L以下 1,3-ジクロロプロパン 0.002mg/L以下
 砒素 0.01mg/L以下 チウラム 0.006mg/L以下
 総水銀 0.0005mg/L以下 シマジン 0.003mg/L以下
 アルキル水銀 検出されないこと。 チオベンカルブ 0.02mg/L以下
 PCB 検出されないこと。 ベンゼン 0.01mg/L以下
 ジクロロメタン 0.02mg/L以下 セレン 0.01mg/L以下
 四塩化炭素 0.002mg/L以下 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10mg/L以下
1,2-ジクロロエタン 0.004mg/L以下 ふっ素 0.8mg/L以下
1,1-ジクロロエチレン 0.1mg/L以下 ほう素 1mg/L以下
 シス-1,2-ジクロロエチレン 0.04mg/L以下 1,4-ジオキサン 0.05mg/L以下
 1,1,1-トリクロロエタン 1mg/L以下  

生活環境の保全に関する環境基準

水素イオン濃度(pH)、化学的酸素要求量(COD)、溶存酸素量(DO)、大腸菌数、n-ヘキサン抽出物質

生活環境の保全に関する環境基準1
類型利用目的の適応性

環境
基準値    
pH   

環境
基準値
COD

環境
基準値
DO

環境基準値
大腸菌数
環境
基準値
n-ヘキサン抽 出物質
A水産1級、水浴・自然環境保全及びB以下の欄に掲げるもの

7.8以上
8.3以下       

2mg/L
以下
7.5mg/L
以上
300CFU/100ml以下注意1検出されないこと。
B水産2級、工業用水及びCの欄に掲げるもの7.8以上
8.3以下
3mg/L
以下
5mg/L
以上
-検出されないこと。
C環境保全7.0以上
8.3以下
8mg/L
以下
2mg/L
以上
--

1 自然環境保全 : 自然探勝等の環境保全
2 水産1級   : マダイ、ブリ、ワカメ等の水産生物用並び水産2級の水産生物用
     水産2級   : ボラ、ノリ等の水産生物用
3 環境保全 : 国民の日常生活(沿岸の遊歩等を含む)において不快感を生じな
           い限度  

注意1:自然環境保全を利用目的としている地点については、大腸菌数20CFU/100ml以下とする。

 本市地先海域では、沖合部がB類型,運河部がC類型に指定されてます。

全窒素、全燐

生活環境の保全に関する環境基準2
類型

利用目的の適応性

環境基準値
全窒素
環境基準値
全燐
1自然環境保全及び2以下の欄に掲げるもの(水産2種及び3種を除く)0.2mg/L
以下
0.02mg/L
以下
2水産1種
水浴及び3以下の欄に掲げるもの(水産2種及び3種を除く)
0.3mg/L
以下
0.03mg/L
以下
3水産2種及び4の欄に掲げるもの(水産3種を除く)0.6mg/L
以下
0.05mg/L
以下
4水産3種、
工業用水
生物生息環境保全
1mg/L
以下
0.09mg/L
以下

1 自然環境保全 : 自然探勝等の環境保全
2 水産1種   : 底生魚介類を含め多様な水産生物がバランス良く、かつ、
               安定して漁獲される
  水産2種   : 一部の底生魚介類を除き、魚類を中心とした水産生物が
                       多獲される
  水産3種   : 汚濁に強い特定の水産生物が主に漁獲される
3 生物生息環境保全 : 年間を通して底生生物が生息できる限度

 

本市地先海域では,4類型に指定されています。

全亜鉛、ノニルフェノール、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)

生活環境の保全に関する環境基準3
類型水生生物の生息状況       環境基準値
全亜鉛
環境基準値
ノニルフェノール
環境基準値
LAS
生物A水生生物の生息する水域0.02mg/L
以下
0.001mg/L
以下
0.01mg/L 
以下
生物特A生物Aの水域のうち、水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域0.01mg/L
以下
0.0007mg/L
以下

0.006mg/L以下

本市地先海域では,生物A類型に指定されています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境対策部環境保全課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1

電話:044-200-2520

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30hozen@city.kawasaki.jp