スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

電熱器・包丁・鎌・バリカン(でんねつき・ほうちょう・かま・ばりかん)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

コンテンツ番号6201

生活>住>生活用品

所在地

川崎市高津区坂戸1-20-1

所有者

沼田記念館 map

電熱器・包丁・鎌・バリカン

電熱器・包丁・鎌・バリカン

戦後すぐ、産業施設の焼失及び占領軍の産業政策により、日本の機械工業は壊滅状態になりました。当然、マイクロメータのような精密測定器の需要は皆無となり、三豊製作所(現在のミツトヨ)でも工場存続の為、電熱器、鎌、包丁、手回し製粉機、バリカンなどの生活用品の製造販売を試みました。バリカンは、昭和21年宇都宮工場、翌22年溝ノ口工場で生産開始し、最盛時には両工場合わせて月産8,000丁になりました。戦時中の残存材料の材質が悪く、バリカンのフレームが折れるというクレームが多発しました。展示されているバリカンは昭和21年当時のものです。電熱器は、角型・丸型の昭和20年当時のものが2種類が展示されています。鎌・包丁は、写真左から桑刈鎌、うどん切包丁、菜切り包丁で、すべて宇都宮工場で作られたものです。当時、これらを従業員が農家へ売り歩いたと言われています。菜きり包丁には瓢箪マークと特製隆弘の銘が入っています。

一般公開 有

お問い合わせ先

沼田記念館

電話:044‐813‐8204

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp