スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

カッパーク鷺沼 各施設

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年6月15日

コンテンツ番号26661

カッパーク鷺沼には、「広場・公園ゾーン」、「運動施設ゾーン」、「教育ゾーン」、「福祉ゾーン」に、それぞれ、鷺沼ふれあい広場、フットサル施設「フロンタウンさぎぬま」、土橋小学校、さぎ沼なごみ保育園の4つの施設があります。

鷺沼ふれあい広場

平成18年4月に開場した鷺沼ふれあい広場は、市民と水道局及び宮前区役所によるパートナーシップ事業により、さまざまな世代の人が楽しめるように設計されています。

「ふれあい広場」の名称も、一般公募の中から、市民みんなの憩いの場となることを願って決定しました。

鷺沼ふれあい広場全体図

広場全体図

開場時間

7時~17時(6月~8月は、19時まで)

お問い合せ

ふれあい広場専用電話
電話 044-866-0380

⇒詳しくは上下水道局のホームページをご覧ください。

鷺沼ふれあい広場の写真

フットサル施設「フロンタウンさぎぬま」

フットサル施設「フロンタウンさぎぬま」は、川崎フロンターレが整備・運営しているフットサルコートです。

フロンタウンさぎぬまの写真

利用時間

9時~22時

問い合せ

川崎フロンターレ 電話 044-854-0210

施設概要

コート(人工芝 38m×18m) 6面

駐車場 53台

⇒コートの予約等については、フロンタウンさぎぬまのホームページ外部リンクをご覧ください。

土橋小学校

鷺沼小学校

平成18年4月に開校した土橋小学校は、「地域に開かれた学校」であるというのが特徴です。

設計段階から地域の人が学校を利用しやすいよう特別教室と普通教室を棟で分けて配置。200人程度を収容できる多目的ホールを設置するなど、学校と地域が共に施設を利用できるように配慮されています。

学校運営については、意欲と熱意のある学校長を庁内から公募したり、地域のみなさんの意見を反映した学校運営を行ったりするなど、地域に開かれた学校を目指しています。

⇒詳しくは教育委員会ホームページをご覧ください。

⇒詳しくは土橋小学校の紹介のホームページ外部リンクをご覧ください。

鷺沼小学校

さぎ沼なごみ保育園

平成18年4月に開園したさぎ沼なごみ保育園の特徴は、多機能型(駅周辺型)保育所であるところです。

夜8時までの延長保育や休日保育、一時保育などを行っています。設置運営主体は、社会福祉法人なごみ福祉会(多摩区菅稲田堤3-9-2)です。

また、子育て支援センター「ペジーブル」も併設しています。

 

⇒詳しくは、社会福祉法人なごみ福祉会のホームページ外部リンクをご覧ください。

⇒詳しくは、さぎ沼なごみ保育園のホームページ外部リンクをご覧ください。

なごみ保育園の写真

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。