スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年8月23日

インターネット投稿を規制するのは「表現の自由」を不当に侵害し、憲法違反ではないですか。

No.131924

回答

 この条例におけるインターネット対策は、川崎市域・市民に関係するなど厳格な要件を満たした投稿等に限り、拡散防止措置としてプロバイダ等への削除要請を行うもので、削除要請に応じなかった場合の制裁を伴わず、法的拘束力のない範囲にとどめています。
 また、拡散防止措置に当たっては、学識経験者により構成される川崎市差別防止対策等審査会の意見を聴かなければならないこととしております。
 こうしたことから、この条例のインターネット対策は、「表現の自由」との関係では、憲法上許容される限度にとどまるものと考えています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局人権・男女共同参画室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-0098

ファクス:044-200-3914

メールアドレス:25zinken@city.kawasaki.jp