スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年4月17日

妊娠したけど子どもを育てられない。

No.106139

回答

妊娠してもさまざまな理由から子どもを産むことができない場合は人工妊娠中絶という方法がありますが、人工妊娠中絶をすることができる期間は、法律で妊娠22週未満(妊娠21週6日まで)と決められいます。また、週数が進むほど身体的にも、金銭的にも負担が大きくなるため、「妊娠しているかも?」と思ったらまずは医療機関や相談窓口で相談しましょう。

産むことはできるけれど、どうしても育てることが難しい場合は、里親制度や特別養子縁組といった、実の親に代わり子どもを育ててもらう制度もあります。

関連するページ

  • 妊娠・出産SOS電話相談

    思いがけない妊娠や出産についての相談を受けています

  • 里親制度

    さまざまな事業により、保護者が子どもを育てられない場合、必要な期間、別の家庭で子どもを育てていただく制度です。

  • 特別養子縁組について(厚生労働省)外部サイトへリンクします

    特別養子縁組とは、産まれるお子さんの実親(生みの親)との法的な親子関係を解消し、養親と親子関係を結ぶ制度です。

このよくある質問に対するお問い合わせ先

川崎区役所地域みまもり支援センター 地域支援課 電話 044-201-3214
大師地区健康福祉ステーション 地区支援課 電話 044-271-0145
田島地区健康福祉ステーション 地区支援課 電話 044-322-1978
幸区役所地域みまもり支援センター 地域支援課 電話 044-556-6648
中原区役所地域みまもり支援センター 地域支援課 電話 044-744-3308
高津区役所地域みまもり支援センター 地域支援課 電話 044-861-3315
宮前区役所地域みまもり支援センター 地域支援課 電話 044-856-3302
多摩区役所地域みまもり支援センター 地域支援課 電話 044-935-3264
麻生区役所地域みまもり支援センター 地域支援課 電話 044-965-5234

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 こども未来局こども支援部こども保健福祉課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2450

ファクス:044-200-3638

メールアドレス:45kodohu@city.kawasaki.jp