スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

国民健康保険被保険者証の変更点について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年7月1日

被保険者証と高齢受給者証が1枚のカードになります<平成27年8月更新から>

 従来、70~74歳の被保険者の皆様には、被保険者証と併せて、一部負担金の割合を記載した「高齢受給者証」を交付していました。

 平成27年8月の被保険者証一斉更新時からは、利便性の向上のため、これらの機能を一体化した、「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」を交付しています。

被保険者証の郵送方法が変わります<平成27年8月更新から>

 従来、被保険者証は簡易書留郵便でお送りしていましたが、平成27年7月に一斉にお送りする、8月から有効の被保険者証は、原則として特定記録郵便でお送りいたします。

・今回、簡易書留郵便で届いた方

 次回以降の、保険証を一斉更新する際の郵送方法も引き続き簡易書留郵便でお送りします。郵送方法のご希望が簡易書留郵便から変更がない場合は、改めてお申し出いただく必要はありません。

 次回以降は特定記録郵便での郵送をご希望の場合は、下のコールセンターにご連絡ください。

・今回、特定記録郵便で届いた方

 次回以降の、保険証を一斉更新する際の郵送方法も引き続き特定記録郵便でお送りします。郵送方法のご希望が特定記録郵便から変更がない場合は、改めてお申し出いただく必要はありません。

 次回以降は簡易書留郵便での郵送をご希望の場合は、下のコールセンターにご連絡ください。

・川崎市こくほ・こうきコールセンター

 電話:044-982-0783

特定記録郵便と簡易書留郵便とは・・・

<特定記録郵便>

 郵便局の配達員が郵便受箱に投函します。配達時に不在でも受け取ることができます。また、普通郵便と異なり、配達状況が郵便局に記録されます。

<簡易書留郵便>

 郵便局の配達員が直接手渡します。配達時に不在の時は、不在票を郵便受箱に投函し、郵便物は郵便局に持ち帰ります。不在票記載内容に従い、指定された保管期間内に再配達を依頼するか、直接郵便局で受け取ることになります。

被保険者証の名称が変更になります<平成30年8月更新から>

 平成30年4月から国民健康保険制度が変更となり、各市町村単独の事業運営から市町村と神奈川県の共同運営に変更となりました。このことに伴い、平成30年8月の更新から被保険者証の名称が「神奈川県国民健康保険被保険者証」と変更になります。なお、被保険者証の使用方法については、これまでと変更ありません。

平成30年国民健康保険被保険者証更新ポスター

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局医療保険部保険年金課

〒210-0005 川崎市川崎区東田町8番地 パレール三井ビル12階 なお、郵便物の宛先は従来通り「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2634

ファクス:044-200-3930

メールアドレス:40hoken@city.kawasaki.jp