スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

2-5 商業・・・川崎市内にみなさんが買いに行くお店はいくつあるかな?

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年8月5日

コンテンツ番号9548

関連記事

川崎市内の卸売店と小売店の数(平成28年6月1日)

 総数   6,694店
 卸売店 1,362店
 小売店 5,332店

 ※1 小売店・・・みなさんが買い物に行くお店のことです。
         例えば、皆さんが買いに行くパン屋さんをイメージするとよいです。

 ※2 卸売店・・・みなさんが買い物に行くお店に、品物を売るお店です。
         例えば、皆さんが買いに行くパン屋さんあてに、
         パンの原材料となる小麦粉・砂糖・塩・バターなどを売る
         お店だとイメージするとよいです。

バターとパンの画像

区別に見ると・・・

川崎市ないのおろしうりぎょう・こうりぎょうのお店の数

解説

 平成28年6月1日の、川崎市内にある卸売店と小売店は6,694店あります。そのうち、卸売店は1,362店で、小売店は5,332店です。

 区別に見ると、卸売店が一番多い区は川崎区の427店で、一番少ない区は麻生区の94店です。

 小売店が一番多い区は川崎区の1,283店で、一番少ない区は宮前区の497店です。

川崎市内のお店で働く人数(平成28年6月1日) 

お店で働く人の画像

 

 総数   74,184人
 卸売店 17,749人
 小売店 56,435人

区別に見ると・・・

区ごとの卸売店と小売店で働く人の数

解説

 平成28年6月1日の、川崎市内にある卸売店と小売店で働く人数は7万4,184人です。そのうち、卸売店は1万7,749人で、小売店は5万6,435人です。
 
 区別にみると、卸売店で働く人が一番多い区は川崎区の5,933人で、一番少ない区は多摩区の530人です。

 小売店で働く人が一番多い区は川崎区の1万1,485人で、一番少ない区は麻生区の6,163人です。

 このことから、川崎駅の周辺に卸売店・小売店といった商業施設のお店が多くあり、たくさんの人が働いていることが分かります。

川崎市内のお店の売上げ(平成28年6月1日)

お金の画像

 

 総数   3兆   232億円
 卸売店 1兆7,945億円
 小売店 1兆2,287億円

区別に見ると・・・

区ごとの卸売店と小売店の売り上げ

解説

 平成28年6月1日の、川崎市内にある卸売店と小売店の売上げは3兆232億円で、そのうち、卸売店は1兆7,945億円で、小売店は1兆2,287億円です。

 区別にみると、卸売店で売上げが一番多い区は川崎区の7,898億円で、一番少ない区は麻生区の227億円です。

 小売店で売上げが一番多い区は川崎区の2,734億円で、一番少ない区は多摩区の1,164億円です。

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局情報管理部統計情報課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2067

ファクス:044-200-3799

メールアドレス:17tokei@city.kawasaki.jp