スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

現在の宮前区役所・市民館・図書館の施設・用地(現区役所等施設・用地)の活用に向けた取組について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年11月24日

コンテンツ番号140348

取組の概要

 本市総合計画において「地域生活拠点」の一つとして位置づけられている鷺沼・宮前平駅周辺地区では、現在、民間事業者による鷺沼駅周辺の再開発計画の検討が進められています。

 本市では、民間事業者による再開発によって都市としての機能が向上する鷺沼駅周辺に、宮前区役所・市民館・図書館を移転・整備することとしています。この鷺沼駅周辺の再開発の機会を捉えて、宮前区全体の将来を見据えた取組を推進するため、現在、さまざまな検討を進めており、区役所・市民館・図書館の移転後の現区役所等施設・用地の活用についても検討しています。(詳しくは、「宮前区のミライづくりプロジェクト」をご覧ください。)

 この移転後の現区役所等施設・用地の活用の検討については、次の考え方を基本として今後の検討を進め、令和7年度を目途に、活用に関する基本方針(活用基本方針)を策定することとしています。

  1. 市による施設・用地保有
     現区役所等施設 ・用地は、一定規模のまとまった公有地であること、また、防災上の活用を含め、地域課題の解決に資する活用可能性を検討する必要があること等から、市が保有し続けることを基本とし、その活用方策を検討することとします。
  2. 宮前区全体と周辺エリアの将来を見据えた課題やニーズの整理
     宮前区全体の将来のまちづくりや現区役所周辺エリアの活性化等の観点から、地域課題や行政需要、地域ニーズを整理し、宮前区全体の魅力や安全安心の暮らしの向上を目指し、効率的かつ効果的な活用ができるよう、検討を行います。
  3. 市民参加による検討
     活用検討に当たっては、検討過程の透明性の確保に努めるとともに、地域課題や行政需要のほか、民間事業者のアイデアや手法など民間活力の活用可能性も含め、検討の前提となる条件を整理し、検討段階に応じて、適切な方法で市民参加の機会を確保していきます。

 活用基本方針の策定に向け、関係団体等へのヒアリングや区民意識アンケート、ワークショップなど、多様な意見聴取を実施しながら、検討を進めていきます。

活用基本方針の策定に向けたスケジュールを見直しました(令和4年11月)

 鷺沼駅地区再開発事業の検証結果を踏まえた再開発事業の全体スケジュールの変更を受け、活用基本方針の策定に向けたスケジュールを見直しました。

見直し後の活用基本方針の策定に向けたスケジュール

 

区民意識アンケート

 移転後の現区役所等施設・用地の活用に関する市民参加による検討の一つとして、宮前区に在住の方を対象とした、アンケート調査を実施しました。

 今後、アンケート結果の分析等を進め、令和4年度末を目途に最終取りまとめ結果を公表する予定です。

ニュースレター

移転後の現区役所等施設・用地の活用に向けた取組状況をお伝えします。

現宮前区役所等施設・用地の活用ニュースレター

その他の取組

宮前区民祭でのシール投票結果

令和4年10月16日(日)に開催された宮前区民祭において、移転後の現区役所等施設・用地の使い方についてシール投票を実施しました。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局公共施設総合調整室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-0755

ファクス:044-200-3627

メールアドレス:17koukyo@city.kawasaki.jp