スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

自治基本条例(じちきほんじょうれい)って何(なに)?

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年1月27日

コンテンツ番号3973


1 自治(じち)って何(なに)?

自治基本条例を学ぶ前に、まず、自治について、説明します。

「自治」とは、自分たちのことを自分たちで決めて、行うことをいいます。

(じちきほんじょうれいをまなぶまえに、まず、じちについて、せつめいします。じちとは、じぶんたちのことをじぶんたちできめて、おこなうことをいいます。)

たとえば・・・
学校で生徒会長を自分たちで選び、生徒会をどのように運営していくかを自分たちで考え、決めていくことも自治といえます。

(たとえば、がっこうでせいとかいちょうをじぶんたちでえらび、せいとかいをどのようにうんえいしていくかをじぶんたちでかんがえ、きめていくこともじちといえます。)


2 条例(じょうれい)って?

条例とは、みんなが守らなければならない約束のうち、県や市などが取り扱うものについて、国の法律の範囲内で、県や市の議会で定めるものです。

(じょうれいとは、みんながまもらなければならないやくそくのうち、けんやしなどがとりあつかうものについて、くにのほうりつのはんいないで、けんやしのぎかいでさだめるものです。)

3 自治基本条例(じちきほんじょうれい)って?

川崎市における、「自治」の考え方や基本原則といった大事なことを定めたものです。
簡単にいうと、まちづくりの目標や進め方を定めた川崎市の「まちづくりのルール」といってもいいでしょう。

(かわさきしにおける、じちのかんがえかたやきほんげんそくといっただいじなことをさだめたものです。かんたんにいうと、まちづくりのもくひょうやすすめかたをさだめたかわさきしの「まちづくりのルール」といってもいいでしょう。)

市民の意見や考え方を聞きながら、市民と一緒に川崎市をよくしていこうというのがまちづくりのもくひょうです。

(しみんのいけんやかんがえかたをききながら、しみんといっしょにかわさきしをよくしていこうというのがまちづくりのもくひょうです。)


もっと詳しく知りたい人はこちらへいってみよう!↓
「自治基本条例(じちきほんじょうれい)」

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局コミュニティ推進部協働・連携推進課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル7階

電話:044-200-2168

ファクス:044-200-3800

メールアドレス:25kyodo@city.kawasaki.jp