スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

袋かけについて

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月9日

コンテンツ番号17720

 果面の汚れを防ぐため、また、病気や害虫を防ぐため、袋かけ行います。
特に二十世紀等の青ナシは、肌の美しさを保つために必要な作業です。
赤ナシでも行うことがありますが、袋をかけない栽培方法(無袋栽培~むたいさいばい~)もあります。

袋かけ前の状態

袋かけ前の状態

袋かけ後の状態

袋かけ後の状態

幼果期にまず小袋をかけ、30~40日後に大袋をかける方法もありますが、栽培現場においては小袋かけを省略する場合もあります。
(写真は大袋)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局都市農業振興センター農業技術支援センター

〒214-0006 川崎市多摩区菅仙谷3-17-1

電話:044-945-0153

ファクス:044-945-6655

メールアドレス:28nougic@city.kawasaki.jp