スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

新梢の誘引について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月9日

コンテンツ番号19171

花芽形成を促すために、真上に伸びている新梢を45度の角度に倒す作業です。
そうすることによって、葉の基部にできる芽が充実してきます。
主に「幸水」に行います。

誘引された新梢

45度の角度に誘引された新梢の様子です

新梢の様子

誘引しない状態です。新梢は真上に伸びています。

開花待ち

葉の基部に芽ができます。
来年の4月頃の開花を待ちます。(これは秋頃の写真です)

新梢の先端

新梢の伸長が停止した時期に誘引を行います。
左は停止した新梢。右は停止前の新梢の様子です。

新梢の誘引は、今年の収穫には直接関係しない作業ですが、来年の収穫に向けて欠かせない大切な作業です。
次年度の仕事は、もう既に始まっています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局都市農業振興センター農業技術支援センター

〒214-0006 川崎市多摩区菅仙谷3-17-1

電話:044-945-0153

ファクス:044-945-6655

メールアドレス:28nougic@city.kawasaki.jp