スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

揮発性有機化合物(VOC)対策

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2007年3月27日

コンテンツ番号15426

 このページでは、市内におけるVOC排出量及びVOC排出抑制対策をお知らせすることにより、各事業所におけるVOC排出抑制対策の足掛かりにしていただく事を目的にしています。

市内におけるVOC排出状況

平成25年度VOC排出量内訳

 上のグラフは平成25年度における市内のVOC排出量の内訳(平成27年度川崎市VOC排出量推計調査結果による)を示しています。平成25年度のVOC排出量は約7,250トンと推計されています。
 工場・事業所から排出されるVOCを業種別にみてみると、化学工業、建築工事業が主要な発生源となっており、その他燃料小売業、石油製品・石炭製品製造業からも多く排出されていることがわかります。

なぜVOCの排出抑制が必要なのか

 市内の大気環境は改善傾向にありますが、その一方で、光化学オキシダントの環境基準達成率は依然として低く、光化学スモッグ注意報の発令日数も改善の傾向がみられていません。この原因のひとつとして、光化学オキシダントは大気中の窒素酸化物(NOx)とVOCが、紫外線により光化学反応を起こして生成されますが、各種対策の進展によりNOxの排出抑制が進んだことに比べ、VOCの排出抑制が追いついていないことが考えられています。

 これまでの研究により、原因物質のひとつであるVOC排出量を減らすことで光化学オキシダント濃度やPM2.5濃度が改善することが報告されているため、VOCの排出量を抑制することが求められています。

市内における光化学スモッグ注意報の発令日数及び被害者届出数の推移

VOC排出抑制対策の開始 ~自主的取組に重点を~

 大気汚染防止法の改正により、平成18年4月からVOC排出抑制対策が開始されました。このVOC排出抑制対策は「法による規制」と「自主的取組」を組み合わせ、効果的な削減を行っていくこと(ベストミックス)としましたが、法規制対象施設は既に対策済みの施設も相当数あると考えられているため、「自主的取組」によるVOC排出抑制が重要になります。

VOC排出抑制に係る自主的取組の進め方と対策例

STEP 1:まずは現状を把握する

  • 自社で購入・取り扱っている製品にどのくらいVOCが含まれているかを調べ、使用量などからどのくらい大気中に排出しているかを把握する。
     →VOCが含まれているかどうか分からない場合は購入先にお問い合わせください。
  • 排出量の多い製品(施設)や削減対策が容易な製品(施設)を把握し、費用対効果の大きな対策を検討する。

STEP 2:作業工程や設備管理を工夫する

現状で取り扱っている製品はそのままで、VOC排出量を少なくするよう作業工程や設備管理を改善する。

~対策例~

  • インキパンや洗浄槽などの開口面積を小さくし、VOCの揮発を防ぐ。
  • 局所排気装置の吸引速度を定期的に点検し、過剰吸引を防止する。
  • 高塗着型のものや被塗物の大きさに適したスプレーガンを使用し、塗料の無駄を省く。

VOC含有製品の保管・貯蔵による漏出を改善する。

~対策例~

  • 塗料、溶剤などの入った容器は、必要な時以外は蓋を閉め、直射日光を避けて保管する。

STEP 3:低VOC製品への代替や除去設備の設置を行う

  • 現在取り扱っている塗料、インキ、接着剤、洗浄剤などを環境負荷の小さい低VOC製品に切り替える
  • 排気口に処理装置を設置し、VOCを回収・処理することにより大気中への排出を防ぐ。

資料・情報等

VOC対策 揮発性有機化合物排出削減に向けた取組(経済産業省)

・VOC自主的取組の流れ、支援制度等を掲載しています。
 URL http://www.meti.go.jp/policy/voc/flow/mechanism.html外部サイトへリンクします

揮発性有機化合物(VOC)対策(環境省)

・関係法令の紹介やVOC濃度の測定法など各種資料及びパンフレット等を掲載しています。
 URL http://www.env.go.jp/air/osen/voc/voc.html外部サイトへリンクします

VOC対策ガイド(東京都環境局)

・VOC排出抑制のための具体的な対策メニューを業種別に解説し、排出削減効果やコスト等を簡潔にとりまとめたガイドを掲載しています。
 URL http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/air_pollution/voc/guide/index.html外部サイトへリンクします

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境対策部大気環境課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2516

ファクス:044-200-3922

メールアドレス:30taiki@city.kawasaki.jp