スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎市における建築物/工作物の解体及び改造、補修作業における石綿の飛散防止対策の流れ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年4月13日

コンテンツ番号126339

川崎市における建築物/工作物の解体及び改造、補修作業における石綿の飛散防止対策の流れ

石綿含有建材別の石綿の飛散防止対策の流れ

 川崎市で建築物等の解体等作業をする場合の流れは以下のとおりです。
「大気汚染防止法」に加え、「川崎市公害防止等生活環境の保全に関する条例」により、
建築物等の解体等作業に伴うアスベストの飛散防止対策に取り組んでいます。

 事前調査結果届出は令和4年4月から電子申請システムに移行しました。

建築物等の解体等作業に伴うアスベスト飛散防止対策の流れ

発注者、元請業者、下請け業者ごとの石綿の飛散防止対策の流れ

 令和3年4月から,全ての石綿含有建材の除去等工事で、発注者、元請業者、下請け業者、自主施行者に関係者の役割としての責務が規定されます。

 石綿含有成形板等、石綿含有仕上塗材の解体時(床面積80m2超過)における関係者の役割の流れは以下の通りです。

関係者の役割

事前調査結果届出等についてはこちらをご覧ください。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境対策部環境対策推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1

電話:044-200-2526

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30suisin@city.kawasaki.jp