スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎市環境審議会からの答申「産業廃棄物に関する施策の方向性について」

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年8月31日

コンテンツ番号132106

川崎市環境審議会からの答申について

 2021年1月21日に川崎市環境審議会へ諮問しました「産業廃棄物に関する施策の方向性について」、同年8月20日に川崎市環境審議会(会長 佐土原 聡氏、横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授)から市長へ答申が行われました。

諮問の背景

 産業廃棄物に関しては、「環境保全と安全・安心を確保し、質にも着目した循環型社会の実現」を基本理念に掲げた「第6次川崎市産業廃棄物処理指導計画」を2016年度に策定し、3Rを基本として適正処理等に重点をおいた取組を推進してきた結果、本市の産業廃棄物の排出量や最終処分量は概ね減少傾向にあります。

 一方で、今後の産業廃棄物施策においては、更なる3Rや適正処理等の推進に加え、脱炭素社会、プラスチック資源循環、災害廃棄物対策等への対応が求められており、こうした社会状況の変化等を踏まえた計画を策定して施策を推進していく必要があることから、産業廃棄物に関する施策の方向性について諮問しました。

審議の経過

 環境審議会は、諮問を受け、専門的かつ総合的な見地から審議を行うため、廃棄物施策推進部会に付議しました。その後、同部会での3回にわたる審議を経て報告を受け、産業廃棄物に関する施策の方向性について審議結果をとりまとめ、答申しました。

環境審議会の答申

 環境審議会からの答申は、次の添付ファイルを御参照ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部廃棄物指導課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2596

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30haiki@city.kawasaki.jp