スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

(介護保険最新情報Vol.313)社会福祉施設等における防火安全体制の徹底について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年6月4日

コンテンツ番号45430

社会福祉施設等における防火安全体制の徹底について

 去る2月8日、長崎県長崎市の認知症高齢者グループホームにおける火災の発生により4名が死亡、8名が負傷するという痛ましい事故が発生いたしました。

 これを受け、国より「介護保険最新情報vol.311(認知症高齢者グループホームにおける防火安全体制の徹底及び点検について)」、「介護保険最新情報vol.312(小規模多機能型居宅介護及び複合型サービスにおける防火安全体制の徹底及び点検について)」が発出され、本市におきましては、市内すべての指定認知症対応型共同生活介護事業所、指定(介護予防)小規模多機能型居宅介護及び指定複合型サービス事業所に対して、非常災害対策の状況について調査を実施しております。

 また、同月10日には新潟県新潟市の障害者グループホームにおける火災により1名が死亡、5名が負傷するという痛ましい事故が発生し、国より2月13日付「介護保険最新情報vol.313(社会福祉施設等における防火安全体制の徹底について)」が発出されました。下記にて内容をご確認いただき、各事業所におかれましても防火安全対策の徹底が図られますようお願いいたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局長寿社会部高齢者事業推進課 給付指導係

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2687

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40kosui@city.kawasaki.jp