スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

呼吸器系細菌検査

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2014年3月5日

コンテンツ番号53811

目的・概要

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に基づく感染症発生動向調査事業により、川崎市内の医療機関から搬入される検体からレジオネラ属菌、インフルエンザ菌、溶血性レンサ球菌、百日咳菌等の呼吸器細菌の検査を行っています。

方法

各菌についてそれぞれ適切な培地を使用して菌株の分離を行い、血清型など菌株の特性を検査します。

溶血性レンサ球菌の発育した培地です

溶血性レンサ球菌の発育した培地

溶血性レンサ球菌の顕微鏡写真です

溶血性レンサ球菌顕微鏡写真

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局健康安全研究所

〒210-0821 川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)2階

電話:044-276-8250

ファクス:044-288-2044

メールアドレス:40eiken@city.kawasaki.jp