スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

宮前区役所向丘出張所の今後の活用に関する方針

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年8月3日

コンテンツ番号140801

宮前区役所向丘出張所の今後の活用に関する方針

概要

鷺沼駅周辺再編整備に伴う公共機能に関する検討を契機として、地域バランスを考慮した区全体の機能向上という観点や、関係施策の位置付け・検討状況を踏まえ、「身近な活動の場」や「地域の居場所」としての活用など、共に支え合う地域づくりとコミュニティ形成を推進する身近な地域の拠点として、向丘出張所の機能のあり方について、地域の皆様とともに、検討を行い、令和4年2月9日に、「宮前区役所向丘出張所の今後の活用に関する方針」を策定しました。

関連記事

気軽に立ち寄り、人や活動がつながる向丘出張所の8つの方針

(1)地域の居場所

  • 地域の居場所として、立ち寄りやすく親しみやすい空間となるように、明るく開放的な庁舎を目指した空間的工夫と什器設置、設備の快適化、庁舎へのアプローチ改善を段階的に行う。

(2)活動・交流の場

  • 活動・交流を後押しする場として、庁舎の有効活用に向けた実証事業を試行しながら、利用ルールを作成、インターネット利用環境の整備、休日・夜間利用について、順次検討し対応する。

(3)情報受発信

  • 地域情報受発信拠点として、出張所の情報発信がより地域の実情に即したものとなる手法を検討。地域活動を後押しするため、行政情報にとどまらず、地域情報を受信・発信する手法も検討する。

(4)生涯学習

  • 区役所・市民館との連携による座学・体験などの講座を試行するとともに、行政主体の講座だけではなく、向丘地区の魅力ある地域資源の活用や地域主体との連携による講座を検討し取り組む。

(5)図書サービス

  • 出張所を場とした図書館などによる読み聞かせの試行、身近な場所での学びの場づくりに加え、地域主体の図書に関する取組とも連携を図りながら、きめ細やかな図書サービスを推進する。

(6)防災

  • 災害時に正しい状況を迅速に伝える情報収集や広報機能等の強化や必要な備品の整備を検討する。

(7)相談

  • 宮前区の地域包括ケアシステム構築の更なる推進を目指して、来庁者からのさまざまな問合せに対して、日常的に適切な窓口につなげられる出張所に向けて取り組む。
  • 行政による出張相談会の試行に加え、出張所におけるイベントなど人が集まる機会に併せ、地域包括支援センター等と連携した出張相談会の試行に継続的に取り組むなど、行政と地域の連携による相談機能の実現に向けた取組を推進する

(8)行政サービス

  • いつでも、どこからでも原則オンライン手続ができることを目指す。
  •  身近な地域の拠点として、オンラインでの手続のサポートをはじめたとしたデジタルデバイド対策や、オンライン相談のあり方など、デジタル技術等を活用した取組について検討を進める。

今後の取組み

向丘出張所の活用方針に向けた今後の取組みに関しましては、向丘出張所ホームページの「イベントやお知らせなど」をご確認くださいませ。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 宮前区役所区民サービス部向丘出張所

〒216-0022 川崎市宮前区平1丁目1番10号

電話:044-866-6461

ファクス:044-857-6453

メールアドレス:69muko@city.kawasaki.jp