スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

宮前区地域デザイン会議を開催しました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年11月15日

コンテンツ番号144648

「公共施設の地域化」をテーマに、地域デザイン会議を開催しました

宮前区では、多様な「つながり」が生まれ、みんなが集える地域の居場所「まちのひろば」の創出に向けて、皆さんに既存の公共施設をこれまで以上に利活用してもらう「公共施設の地域化」の取組を進めています。

市民グループの活動やイベントの開催場所の確保等については、日頃、区民の皆さまから多くの御要望や御意見をいただいており、関心の高いテーマとなっています。市民活動団体が抱える課題の1つである「場所」の問題解決や、「まちのひろば」の創出に寄与するため、公共施設の地域化を地域デザイン会議のテーマとして取上げ、区役所市民広場を事例に、利活用の推進に向けた検討を行いました。

1 地域デザイン会議とは

より多くの区民の参加機会の拡充を図るとともに、多様な市民意見を聴取し地域課題の解決につなげていくことを目的として、これまでの区民会議に替わる新しい参加の場として、それぞれの区で実施しているものです。令和5年度までを試行期間として、各区役所の創意工夫によりさまざまな形式で行っています。

2 開催日時・場所

日時:令和4年12月10日(土) 午後2時~午後4時半

場所:宮前区役所1階健診ホール

3 開催方式

ワークショップ形式

4 参加・傍聴人数

参加者:16人

傍聴者:2人

開催結果

1 イントロダクション 「公共施設の地域化」とは

今回の地域デザイン会議のテーマである「公共施設の地域化」について、区役所から説明をしました。


行政職員からの説明

当日パワーポイント資料

2 区内事例紹介

既に区内公共施設を使用している事例紹介として区民の方に登壇していただいてお話を伺いました。




3 ワークショップ

後半は2つに分かれてワークショップを開催。「市民広場でやってみたいこと」をテーマに、参加者同士で約1時間自由に討論し、以下のようなアイディアが出ました。

・映画の上映会

・個人の手作り品が販売できるマルシェ

・気軽に聞ける音楽イベント

・子育て世代をが参加できる交流カフェ

・男性向けの古本市





ワークショップ意見
ワークショップ意見

当日ワークショップ資料

ワークショップまとめ資料

当日の動画について

当日の動画については、次のリンク先から視聴いただけます。

冒頭挨拶・説明はこちら外部リンク (テキスト情報(PDF形式,494.25KB)

事例紹介1はこちら外部リンク (テキスト情報(PDF形式,498.96KB)

事例紹介2はこちら外部リンク (テキスト情報(PDF形式,530.78KB)

事例紹介3はこちら外部リンク (テキスト情報(PDF形式,562.66KB)

アンケート結果・公共施設の地域化に向けた課題・グループワークの説明等はこちら外部リンク (テキスト情報(PDF形式,579.98KB)

グループワークの全体共有・まとめ等はこちら外部リンク (テキスト情報(PDF形式,521.71KB)

4 今後の進め方

ワークショップで出されたアイデアをベースに市民広場をお試しで活用し、その結果を踏まえ活用推進に向けた利用ルール等を考えます。

市民広場のお試し活用の詳細についてはこちらを御覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 宮前区役所まちづくり推進部企画課

〒216-8570 川崎市宮前区宮前平2丁目20番地5

電話:044-856-3133

ファクス:044-856-3119

メールアドレス:69kikaku@city.kawasaki.jp