スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

武蔵小杉駅周辺地域エリア防災計画を策定しました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年12月9日

コンテンツ番号73151

武蔵小杉周辺の帰宅困難者対策

 JR武蔵小杉駅と東急武蔵小杉駅(以下、「武蔵小杉駅」と言います。)は、JR南武線・湘南新宿ライン・横須賀線や東急東横線・目黒線、相鉄線が交差し、市内有数の交通の要所となっており、とどろきアリーナ等の大型スポーツ施設や大型商業施設の利用者を含め市内外から多くの人々に利用され、1日あたりの乗降客数が45万人を超える状況にあります。

 一方で、川崎市では本市に最も大きな被害を及ぼす地震として、マグニチュード7.3の直下型の地震が想定されています。このような大規模震災時には広域的な交通機関の運行停止等が発生し、武蔵小杉駅周辺においても通勤・通学や買い物客など多くの来訪者が帰宅を急ぎ、大きな混乱が懸念されます。

 そこで、さまざまな都市機能が集中した武蔵小杉駅周辺地域において人的・経済被害を最小限に留めるには、行政機関や鉄道事業者、民間企業による総合的な対応が必要不可欠であることから、関係者が主体的に関わる「武蔵小杉駅周辺地域エリア防災計画」を、平成28年3月に策定しました。

 今後も本計画に基づき、災害に強いまちづくりを推進していきます。

武蔵小杉駅周辺地域エリア防災計画

災害時帰宅困難者向けの情報(一時滞在施設マップ等)

 帰宅困難者に向けた避難の注意点や一時滞在施設マップを掲載しております。

計画策定体制

帰宅困難者対策協議会・エリア防災計画作成部会の開催状況

第1回協議会・部会合同会議を開催しました(平成27年10月27日)

第1回武蔵小杉駅周辺地域帰宅困難者対策協議会・エリア防災計画作成部会 合同会議

第2回協議会・部会合同会議を開催しました(平成27年12月22日)

第2回武蔵小杉駅周辺地域帰宅困難者対策協議会・エリア防災計画作成部会 合同会議

第3回協議会・部会合同会議を開催しました(平成28年3月23日)

第3回武蔵小杉駅周辺地域帰宅困難者対策協議会・エリア防災計画作成部会 合同会議

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 中原区役所危機管理担当

〒211-8570 川崎市中原区小杉町3丁目245番地

電話:044-744-3141

ファクス:044-744-3346

メールアドレス:65kikika@city.kawasaki.jp