スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年5月7日

台風などの風水害に備えて、確認しておいたほうがよい情報はどんなものがありますか。

No.128681

回答

台風や大雨に備えて、自宅周辺の風水害のリスクをハザードマップで知り、一人ひとりの家族や生活の状況に合わせた避難行動を考えておきましょう。最新情報の入手手段を事前に確認しておくことも重要です。

また、都市部では地表のほとんどが建物やアスファルトの道路で覆われているため、短時間に大量の雨水が川や下水道に集まり、低地の冠水、地下室や住宅への浸水が発生しやすくなっています。

なお、各区道路公園センターでは、宅地内への雨水流入を防ぐため「土のう」を配布しています。必要な場合には事前連絡の上、お越しください。

関連するページ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局危機管理室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2794

ファクス:044-200-3972

メールアドレス:17kiki@city.kawasaki.jp