スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年11月17日

高齢者の肺炎球菌ワクチンについて、公費助成があるのか知りたい。

No.61746

肺炎球菌ワクチンについて、高齢者が受ける場合、公費助成があるのか。また、助成がある場合、どのような手続きが必要か知りたい。

回答

 平成26年10月1日から高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種が、定期予防接種に導入され、定期対象者の方は、公費負担(一部自己負担あり)で受けられるようになりました。

高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種(定期予防接種)の受け方は、次のとおりです。

1 対象者:年度内に65、70、75、80、85、90、95、100歳となる川崎市民
2 場所 :予防接種個別協力医療機関(要予約)
3 回数 :対象年度中に1回
4 費用 :自己負担金 4,500円(免除の場合あり)
5 持ち物:住所・年齢のわかるもの(健康保険証など)
6 受け方:接種受けるご本人が接種を希望した上で、住所及び年齢が分かるものを持って予防接種個別協力医療機関にて接種を受けてください。区役所でのお手続きは不要です。

注意事項
・接種を受けるご本人の正確な意思確認が難しい場合には、ご家族等によって本人の接種意思の有無を慎重に確認してください。
最終的にご本人の接種意思の確認ができなかった場合は、予防接種法に基づく接種ではないため、助成対象になりません。
・障害1級程度の心臓病、腎臓病、呼吸器の機能障害及びHIVによる免疫機能障害をお持ちの場合は60歳以上の方も対象となります。
・過去に肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがある方は公費負担で受けられません。
・公費負担により接種を受けることができるのは、市が指定した市内約500か所の医療機関です。なお、区役所では受けられません。



このよくある質問に対するお問い合わせ先

川崎市予防接種コールセンター
電話 044-200-0144
ファクス 044-200-3928
受付日時:午前8時30分から午後5時15分まで
月曜日から金曜日(祝日、年末年始除く)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。