スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

いつでも・どこでも・簡単納税!「モバイルレジ」

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年10月7日

「モバイルレジ」サービスのご利用で、金融機関やコンビニエンスストアに行かなくても、携帯電話等*1でいつでもどこでも市税が納付できます*2
*1 携帯電話、スマートフォンのほか、タブレット端末もご利用できます。
*2 詳細は下記の「注意事項」をご確認ください。

納付後すぐに納税証明書(軽自動車の車検用等)が必要な場合はモバイルレジを使用しないでください。モバイルレジで納付した場合、納税証明書は納付後2~3週間後でなければ発行できません、詳細は下記の「注意事項」をご確認ください。

モバイルレジとは

納付書に印刷されたコンビニ収納用バーコードを携帯電話等のカメラで撮影して読取り、「モバイルバンキング」*3や「インターネットバンキング」*4を利用して税金を納付できるサービスです。

納付手数料はかかりません。ただし通信費用(パケット通信料)はかかります。

*3 モバイルバンキングとは、携帯電話等のインターネット接続機能を使って銀行などの金融機関のお取引が行えるサービスです。

*4 インターネットバンキングとは、パソコン、スマートフォン、タブレット端末(OSがiOS、Androidのもの)を用いた*3と同様のサービスです。

モバイルレジは株式会社NTTデータが提供するサービスです。モバイルレジの詳細については、株式会社NTTデータの「モバイルレジサイト外部サイトへリンクします」をご覧ください。

株式会社NTTデータモバイルレジサイト

モバイルレジの特徴

  • 納付書の取扱期限内であれば、24時間いつでも納付が可能*5
  • 金融機関、コンビニエンスストアに行かなくても、どこでも納付が可能
  • 窓口やレジに納付書を提示する必要がなく、納付書の内容を知られずに納付が可能
  • 収納機関番号や納付番号等のキー情報を入力することなく納付が可能(モバイルバンキングの認証に必要な番号等の入力は必要です。)

*5 モバイルバンキングサービスのサービス提供時間内。スマートフォン、タブレット端末の場合はインターネットバンキングサービスの提供時間内。ただしシステムメンテナンスによるサービス停止を除く。

  • 納付後すぐに納税証明書(軽自動車の車検用等)が必要な場合はモバイルレジを使用しないでください。モバイルレジで納付した場合、納税証明書は納付後2~3週間後でなければ発行できません、詳細は下記の「注意事項」をご確認ください。

モバイルレジで納付するための準備

モバイルバンキング、インターネットバンキング契約

モバイルレジをご利用いただく前に、モバイルレジサイトの「地方公共団体・公共料金の納付書に対応している金融機関外部サイトへリンクします」と次の契約が必要になります。

<携帯電話でご利用になる場合>
 モバイルバンキング契約が必要となります。

<スマートフォン・タブレット端末でご利用になる場合>
 インターネットバンキング契約が必要となります。

  • 既にご契約済みの場合は新たな手続きは必要ありません。

利用可能な携帯電話等

ご利用になる携帯電話等がモバイルレジに対応しているか、モバイルレジサイトの「ご利用可能な携帯電話一覧外部サイトへリンクします」よりご確認ください。

モバイルレジアプリのダウンロード

次のいずれかの方法でモバイルレジダウンロードサイトへアクセスしてください。

  • QRコードからアクセス
    (QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。)
モバイルサイトのご案内(QRコードあり)


左のQRコードを読取り、表示されたURLへアクセスする。

 

  • 次のURLを直接入力

    https://bc-pay.jp/

  • メニューからアクセス
携帯電話のメニュー選択

 

アクセス後、以下の手順でアプリをダウンロードしてください。

ダウンロードイメージ1

モバイルレジアプリのダウンロード(無料)を選択

ダウンロードイメージ2

モバイルレジの利用規約を読み、「同意する」を選択

ダウンロードイメージ3

「ダウンロードする」を選択してダウンロード

 

スマートフォン、タブレット端末でご利用になる場合は、上記の手順のほか、次の方法で無料*6のモバイルレジアプリをダウンロードしていただくこともできます。

  • Android OSのスマートフォン、タブレット端末の場合

    「Playストア」からダウンロードする。

  • iPhone、iPad等のiOSのスマートフォン、タブレット端末の場合

    「AppStore」からダウンロードする。

*6 通信費用(パケット通信料)はかかります。

 

モバイルレジでの納付方法

コンビニ収納用バーコード付きの納付書と、モバイルレジをダウンロードした携帯電話等を用意して、次の手順で納付してください。

1 モバイルレジで納付情報を読取ります。

携帯電話の場合

アプリを起動

モバイルレジアプリを起動する。

バーコード撮影

カメラが起動するので、ガイダンスに従い、バーコード全体を画面に入れて撮影する。

読み取り中

バーコードの解析が始まります。

読み取り完了

読取り完了のメッセージがでたら「確認」を押します。

支払内容確認

納付内容を確認し、正しい場合「確認」を押してください。

金融機関の選択

ご利用の金融機関を選択してください。

金融機関サイトへの移動確認

確認ボタンを押してください。

ここからは、モバイルバンキングへログイン

スマートフォン、タブレット端末の場合

Android用アプリの画面イメージです。

スマートフォン・タブレット端末でのモバイルレジお支払情報読取りイメージ1
スマートフォン・タブレット端末でのモバイルレジお支払情報読取りイメージ2

 

2 モバイルバンキング、インターネットバンキングでの納付。

以下は、携帯電話を使用したモバイルバンキングの納付の例です。実際の画面は金融機関によって異なります。また、スマートフォン、タブレット端末を使用する場合は、インターネットバンキングを利用しての納付になります。

モバイルバンキングへ移動

「次へ」を押します。

モバイルバンキングへログイン

お客様番号と暗証番号を入力して「ログイン」を押します。

払込口座選択

引落口座を選択してください。

払込内容確認

納付内容を確認し、暗証番号を入力して「払込実行」を押します。

払込内容完了

納付完了です。
内容を確認し、「ログアウト」を押してください。

モバイルバンキングログアウト

注意事項

領収証書は発行されません

・領収証書は発行されません。
・納付後すぐに納税証明書が必要な場合は、モバイルレジを利用しないでください。

  • モバイルレジを利用した場合、納税証明書の発行に必要な納付確認におおむね2~3週間程度要するため、納付後すぐに発行することができません。
    納付後すぐに納税証明書が必要な場合は、各市税事務所・市税分室の窓口で納付して証明書の交付請求をしていただくか、金融機関やコンビニエンスストアで納付した領収証書をお持ちの上、各市税事務所・市税分室の窓口及び区役所・支所市税証明発行コーナーで証明書の交付請求をしてください。
  • モバイルレジを利用して軽自動車税を納付した場合、軽自動車税納税通知書に付属の軽自動車税納税証明書(車検用)には領収日付印が押印されないため、表面に印字されている「領収日付印のない場合の証明書の有効期限」後はご使用になれません。
  • 有効期限後に使用できる車検(継続検査)用納税証明書がすぐに必要な場合は、モバイルレジを利用せず、納税通知書で納めていただくか、各市税事務所・市税分室の納税窓口で納めてください。モバイルレジ納付の手続きを納期限の5月末日(末日が土日の場合はそれらの日の翌日)までに済ませた方に限り、6月下旬に継続検査(車検)用納税証明書を送付します。
  • コンビニ収納用バーコードが印刷されていない納付書はご利用いただけません。
  • 汚れや破損によりコンビニ収納用バーコードが読取れない場合はご利用いただけません。
  • 取扱期限を過ぎている納付書はご利用いただけません。
  • 納付のご確認は、モバイルバンキングの取引明細(出入金明細)でご確認いただくか、通帳記帳によりご確認ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 財政局収納対策部債権管理課
〒210-0006 川崎市川崎区砂子1-8-9 川崎御幸ビル8階
電話:044-200-2202
ファクス:044-200-3909
メールアドレス:23saiken@city.kawasaki.jp