スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

市税のスマートフォン決済アプリ(PayPay、LINE Pay)による納付について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月12日

コンテンツ番号122193

概要

事前にスマートフォン決済アプリ(PayPay、LINE Pay)をスマートフォン又はタブレット端末にインストールし、利用登録と残高のチャージを行った上で、コンビニ収納用バーコードをスマートフォン等のカメラで撮影して読み取り、納付手続きを行います。チャージ方法はPayPayアプリ(外部リンク)、LINE Payアプリ(外部リンク)のリンクをご確認ください。

※納付後すぐに納税証明書(軽自動車の車検用等)が必要な場合はスマートフォン決済アプリを使用しないでください。スマートフォン決済アプリで納付した場合、納税証明書は納付後2~3週間でなければ発行できません。詳細は下記の「注意事項」を確認してください。

取扱開始日

令和2年11月2日(月)

納付手続きに必要なもの

  • 納付書1枚当たりの金額が30万円以下で、コンビニ収納用バーコードが印刷された納付書
  • スマートフォン決済アプリをインストールしているスマートフォン又はタブレット端末

対応しているスマートフォン決済アプリの利用イメージ

PayPay

PayPayのアプリを起動します。

1 アプリのホーム画面内の「スキャン」をタップ
2 納付書のバーコードを読み取る
3 支払金額を確認し「支払う」をタップ
4 支払い完了

詳細はPayPayアプリ(外部リンク)外部リンクのホームページを参照ください。


PayPayの利用イメージ

LINE Pay

LINE Payのアプリを起動します。

1 「ウォレット」内の残高をタップ
2 「請求書支払い」をタップ
3 支払内容を確認し「次へ」をタップ
4 納付書のバーコードを読み取る
5 請求内容を確認する
6 支払いを行う
7 パスワードを入力する
8 支払い完了

詳細はLINE Payアプリ(外部リンク)外部リンクのホームページを参照ください。


LINE Payの利用イメージ

注意事項

  • 領収証書が発行されませんので、領収証書が必要な場合は金融機関やコンビニエンスストアでお支払いください。納付の確認は、アプリの取引履歴画面等で行うことができます。
  • スマートフォン決済アプリを利用して納付した場合、納税証明書の発行に必要な納付確認におおむね2~3週間程度要すため、納付後すぐに納税証明書を発行することができません。
  • 納付後すぐに納税証明書が必要な場合は、各市税事務所・市税分室の窓口で納付して証明書の交付請求をしていただくか、金融機関やコンビニエンスストアで納付した領収証書をお持ちの上、各市税事務所・市税分室の窓口及び区役所・支所市税証明発行コーナーで証明書の交付請求をしてください。
  • スマートフォン決済アプリを利用して軽自動車税(種別割)を納付した場合、軽自動車税(種別割)納税通知書に付属の軽自動車税(種別割)納税証明書(車検用)には領収日付印が押印されないため、表面に印字されている「領収日付印のない場合の証明書の有効期限」後はご使用になれません。
  • 有効期限後に使用できる軽自動車税(種別割)納税証明書(車検用)がすぐに必要な場合は、スマートフォン決済アプリを利用せず、納税通知書で納めていただくか、各市税事務所・市税分室の納税窓口で納めてください。スマートフォン決済アプリによる納付の手続きを納期限の5月末日(末日が土日の場合はそれらの日の翌日)までに済ませた方に限り、6月下旬に軽自動車税(種別割)納税証明書(車検用)を送付します。
  • 納付書1枚あたりの金額が30万円を超える場合や、納付書にコンビニ収納用バーコードが印字されていない場合は利用できません。
  • 金融機関やコンビニエンスストアの窓口で、アプリを提示しての納付はできません。
  • 納付の際、手数料は発生しませんが、インターネットの利用には、別途通信料が発生する場合があります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 財政局収納対策部債権管理課
〒210-0006 川崎市川崎区砂子1-8-9 川崎御幸ビル8階
電話:044-200-2202
ファクス:044-200-3909
メールアドレス:23saiken@city.kawasaki.jp