スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

市税の納付方法に関するご案内

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2024年1月12日

コンテンツ番号16969

ご注意

軽自動車税(種別割)を金融機関・コンビニエンスストアで納付される方へ

(1)領収証書と納税通知書は、切り離さずに窓口へお出しください。

(2)納付の際は、領収証書と納税通知書・納税証明書(継続検査用)を必ず受け取ってください。

※コンビニエンスストアで納付する場合は、レシートも受け取ってください。


【1】 納付書に関するお知らせ

〇令和5年4月から、QRコードを利用した納付が可能になりました。

専用の決済アプリで直接読み取るか、地方税共同機構が提供する「地方税お支払サイト」へアクセスの上、納付方法を選択し、納付手続きを行うものです。

 多様な決済アプリによる納付が利用できるなど、QRコードを利用することで、市税の納付がより便利になりますので、是非ご利用ください。

≪QRコードを利用した納付の取扱対象税目≫

  • 市民税・県民税(普通徴収)
  • 固定資産税・都市計画税(土地・家屋)
  • 固定資産税(償却資産)
  • 軽自動車税(種別割)

 ※QRコードに対応する決済アプリや納付方法などの詳細は、「地方税お支払サイト」をご確認ください。

「地方税お支払サイト」へのリンク画像

  ↑「地方税お支払サイト」のホームページへはこちらから

【2】 納付方法

(1)金融機関窓口、コンビニエンスストア店舗等へ納付書を持ち込み、納付する方法

(ア)次の金融機関の本店又は全国の各支店の窓口での納付

≪銀行≫

横浜・りそな・みずほ・三菱UFJ・三井住友・神奈川・静岡中央・東日本・きらぼし・静岡・群馬

≪信託銀行≫

三井住友・みずほ

≪信用金庫≫

川崎・城南・世田谷・芝・さわやか・横浜

≪信用組合≫

神奈川県医師・横浜幸銀・ハナ

≪その他≫

セレサ川崎農業協同組合・中央労働金庫

 ※QRコードが印刷された納付書は、QRコード対応金融機関でも納付できます。対応金融機機関については、「地方税お支払サイト外部リンク」をご確認ください。

(イ)次のゆうちょ銀行・郵便局の窓口での納付

神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県及び東京都に所在するゆうちょ銀行・郵便局

 ※QRコードが印刷された納付書については、全国のゆうちょ銀行・郵便局で納付できます。

(ウ)次のコンビニエンスストアの全国各店舗での納付

くらしハウス、スリーエイト、生活彩家、セブン‐イレブン、デイリーヤマザキ、ニューヤマザキデイリーストア、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ヤマザキデイリーストアー、ローソン

  • バーコードが印刷されている納付書で納付できます。
  • バーコードが読み取れない場合や納付書に印刷されていない場合、又は金額が訂正されている場合は、納付できません。
  • コンビニエンスストアで納付する場合は、取扱期限までに納付してください。
  • 領収証書に加えてレシートも受け取り、大切に保管してください。

 

(2)自動的に引き落としされ、納め忘れを防ぐことができる納付方法

口座振替による納付

金融機関などへ納付に行かなくても、定められた納期ごとに、ご指定の金融機関の口座から自動的に引き落とし、納付されるのが口座振替制度です。通常は、一度お申し込みいただくと翌年度以降も継続されます。

口座振替納付

(3)自宅やオフィス等でも利用できる、安全・簡単・便利な納付方法

(ア)スマートフォン決済アプリによる納付

納付書に印刷されたQRコード又はバーコードをスマートフォン等のカメラで撮影して読み取ることで納付できます。

 ※コンビニエンスストア等の窓口では、スマートフォン決済アプリによる納付はできません。

スマートフォン決済アプリによる市税の納付について

(イ)インターネットを利用したクレジットカード納付

「地方税お支払サイト」にアクセスし、「お支払方法」でクレジットカードを選択することで納付できます。

 ※納付金額に応じてシステムの利用料がかかります。
 ※コンビニエンスストア等の窓口では、クレジットカードによる納付はできません。

インターネットを利用した市税のクレジットカード納付

(ウ)インターネットバンキング(モバイルレジなど)による納付

「地方税お支払サイト」やモバイルレジのアプリ又はサイトで、納付書に印刷されたQRコード又はバーコードをスマートフォン等のカメラで撮影して読み取ることで納付できます。

インターネットバンキング(モバイルレジなど)による市税の納付について

(エ)地方税共通納税システムによる納付

会社や個人事業主の方が、複数の地方公共団体に対する地方税(市民税・県民税(特別徴収分・退職所得分)、法人市民税、事業所税、市たばこ税、入湯税)を混雑する金融機関等の窓口に出向くことなく自宅やオフィスのパソコンからインターネットを経由して一度に納付ができます。

地方税共通納税システムの御案内

【3】 注意事項(納付書について)

  • 市民税・県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税(土地・家屋)、固定資産税(償却資産)の納付書については、一枚ずつ切り離した状態でお送りしています。納付する期別(納期限)をご確認の上、使用してください。
  • 「全期分」納付書が同封されている場合には通知した税額をまとめて1回で納付することができます。このとき「期別分」納付書を併せて使用しないようにご注意ください。
  • 軽自動車税(種別割)については、金融機関やコンビニエンスストアで納付する場合、領収証書と納税通知書を切り離さずに窓口へお出しください。
  • 納付書は、機械で読み取りますので、折り曲げたり、汚したり、穴をあけたりしないでください。
  • 納付書をなくされた方は再発行しますので、担当の市税事務所・市税分室の窓口にお申し出ください。

 ※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 財政局収納対策部債権管理課
〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
電話:044-200-2202
ファクス:044-200-3909
メールアドレス:23saiken@city.kawasaki.jp