スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

高齢者対象の税控除

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年5月17日

実施機関

税務署

制度内容

高齢者のための所得控除は、次にあげるものがあります。

障害者控除

 65歳以上の人で、身体・知的障害(中程度以上の認知症や半年以上寝たきりの状態など)がある場合は、障害者手帳の交付を受けていなくても、障害者控除対象者認定書を確定申告時に提出すれば障害者控除の対象になります。認定書は審査の上、交付しますので、区役所高齢・障害課、地区健康福祉ステーション高齢障害係へ事前にお問い合わせください。

老人配偶者控除

扶養控除の要件に該当する、70歳以上の配偶者であるとき

老人扶養控除

扶養控除の要件に該当する、70歳以上の扶養親族であるとき

同居老親等扶養控除

老人扶養控除の要件に該当する、本人又は配偶者と同居している直系尊属であるとき

同居特別障害者控除

扶養控除の要件に該当する、本人又は配偶者もしくは本人と生計を同一にするその他の親族と同居している特別障害者であるとき

介護保険料について

介護保険料は社会保険料控除の対象となります。
なお、第1号被保険者及び第2号被保険者のうち、勤務先で源泉徴収されていない方は、確定申告することによって社会保険料控除を受けられることがあります。

介護保険サービスの利用料及びおむつ代について

「介護保険施設に入所している方」、「在宅で訪問介護など医療系サービスを利用している方」、「医療系サービスと併せてホームヘルプサービスなどを利用している方」の利用者負担額及びおむつ代(※)は、医療費控除の対象となります。

※おむつ代
傷病により、概ね6ヵ月以上寝たきりで、医師の治療を継続して行う必要があり、おむつを使う必要があると医師が認めた場合のおむつ代をいいます。
なお、おむつ代の医療費控除を受けるのが2年目以降の方は、確定申告の際の「おむつ使用証明書(医師が発行)」に代わる証明書を交付できる場合がありますので、区役所高齢・障害課、地区健康福祉ステーション高齢高齢障害係へ事前にお問い合わせください。

おむつ使用証明書

  • おむつ使用証明書(PDF形式, 41.76KB)

    おむつ代に係る医療費控除を受けるのが初めての方は、こちらの様式に主治医が記入したものを確定申告書に添付するか提示してください。

おむつ代医療費控除に係る主治医意見書記載内容確認書交付申出書兼同意書

お問い合わせ

  • 川崎南税務署 222‐7531
  • 川崎北税務署 852-3221
  • 川崎西税務署 965-4911
  • 市税事務所 市民税課

お問い合わせ

区役所高齢・支援課/地区健康福祉ステーション高齢障害係
部署名住所電話
川崎区役所 高齢・障害課 高齢者支援係〒210-8570
川崎区東田町8
044-201-3080
大師地区健康福祉ステーション 高齢・障害係〒210-0812
川崎区東門前2-1-1
044-271-0157
田島地区健康福祉ステーション 高齢・障害係〒210-0852 
川崎区鋼管通2-3-7
044-322-1986
幸区役所 高齢・障害課 高齢者支援係〒212-8570
幸区戸手本町1-11-1
044-556-6619
中原区役所 高齢・障害課 高齢者支援係〒211-8570
中原区小杉町3-245
044-744-3217
高津区役所 高齢・障害課 高齢者支援係〒213-8570
高津区下作延2-8-1
044-861-3255
宮前区役所 高齢・障害課 高齢者支援係〒216-8570
宮前区宮前平2-20-5
044-856-3242
多摩区役所 高齢・障害課 高齢者支援係〒214-8570
多摩区登戸1775-1
044-935-3266
麻生区役所 高齢・障害課 高齢者支援係〒215-8570
麻生区万福寺1-5-1
044-965-5148

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局長寿社会部高齢者在宅サービス課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2911

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40zaitak@city.kawasaki.jp