スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

予防接種を受けた後の注意事項

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年4月1日

一般的な注意事項

  1. 予防接種を受けた後30分間程度は、医療機関でお子さんの様子を確認するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。
  2. 予防接種後、生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間、副反応の出現に注意しましょう。
  3. 接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は差し支えありませんが、接種部位をこすることはやめましょう。
  4. 接種当日は、激しい運動は避けましょう。
  5. 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合、速やかに医師の診察を受けましょう。

副反応について

(1)通常みられる反応

 ワクチンの種類によっても異なりますが、発熱、接種局所の発赤・腫脹(はれ)、硬結(しこり)、発疹などが認められます。通常、数日以内に自然に治ります。

(2)重い副反応

 予防接種を受けた後、局所のひどい腫れ、高熱、ひきつけなどの症状があったら、医師の診察を受けてください。お子さんの症状が予防接種後副反応報告基準に該当する場合は、医師から独立行政法人医薬品医療機器総合機構宛てに副反応の報告が行われます。

 ワクチンの種類によっては、脳炎や神経障害などの重い副反応を生じることもあります。このような場合に、定期予防接種によるものと厚生労働大臣が認定した時は、予防接種法に基づく健康被害救済の給付の対象となります。

(3)紛れ込み反応

 予防接種と同じ時期に発症した他の感染症などが原因による健康被害のことを言います。予防接種を受けた後に症状が出現した場合、予防接種が原因と疑われることがあります。

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課 健康危機管理担当

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2440

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp