スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

予防接種証明書等の発行について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年7月29日

コンテンツ番号74093

新型コロナワクチン予防接種証明書(ワクチンパスポート)について

国際的な人的往来に関連して、海外渡航用に、新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を発行いたします。
本市におけるワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行については、下記の関連記事のページをご覧ください。

予防接種証明書等(新型コロナワクチン以外の予防接種)

川崎市では、接種記録が電子化された平成27年4月1日以降に、予防接種法に基づき川崎市で実施した定期予防接種について「予防接種証明書」及び「予防接種の記録(押印なし)」を発行しています。

予防接種証明書:川崎市で定期予防接種を実施したことを証明する書類です。川崎市保健所長印を押印します。発行には手数料300円がかかります。

予防接種の記録(押印なし):川崎市で実施した定期予防接種の記録を無料で発行します。

「予防接種証明書」及び「予防接種の記録(押印なし)」は英文での発行も可能です。

予防接種証明書等の申込み方法(新型コロナワクチン以外の予防接種)

次の書類を提出してください。申込みの受理から発送までは約7日~10日かかります。

提出書類

1 予防接種証明書等交付申請書

2 申請者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)のコピー

予防接種証明書の交付を申請する場合は、次の書類等も必要です

3 母子健康手帳の表紙のページと予防接種の記録のページのコピー(子どもの予防接種に限る)

4 手数料相当分の定額小為替*

*定額小為替300円分を、おつりが出ないように同封してください。定額小為替は郵便局で購入できます。その際、購入手数料が別途かかります。 定額小為替の指定受取人欄には、何も記入しないでください。

申請書ダウンロード

予防接種証明書等交付申請書(ワクチンパスポートの申請書ではありません)

注意事項

  • 留学等で医師の証明が必要な場合は、渡航外来クリニックや外国語の証明書を発行できる医療機関に御相談ください。
  • 任意接種については証明できません。
  • 留学先等が指定する様式には証明できません。
  • 川崎市の電子システムに接種歴が反映されるまでに時間を要するため、直近の予防接種については記載されない場合があります。

提出先

川崎市健康福祉局保健所感染症対策課 予防接種担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

必ず郵送で書類を送付してください。区役所等の窓口では手続きできません。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2440

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp