スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

住民基本台帳ネットワークシステムについて

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年4月8日

コンテンツ番号1722

1 住民基本台帳ネットワークシステムとは

 住民民基本台帳ネットワークシステムは、全国の市町村、都道府県及び全国センター(指定情報処理機関)をネットワーク(専用回線)で結ぶものです。
 これにより、国や地方公共団体などの行政機関が住民票の情報のうち、4情報(氏名・生年月日・性別・住所)及び住民票コードとこれらの更新情報により全国共通の本人確認を可能とする地方公共団体共同のシステムで、電子政府・電子自治体を実現するための基盤となります。
 平成14年8月5日の1次稼働では全国の自治体をネットワークで(専用回線)で結ぶシステムを構築し、パスポート(一般旅券)の申請時など、法で定められた行政機関への申請や届出を行う際の住民票の写しの添付の省略が可能となりました。
 平成15年8月25日からの本格稼働では、本人と同一の世帯の方の住民票の写しの受け取りが住民基本台帳ネットワークシステムを通じて全国どこの市区町村でもできるようになりました。
 ※全国センターとは、総務大臣が指定する機関で、都道府県からの委任を受け、全国の本人確認情報の管理等を行なうところです。

2 住民基本台帳カードについて

平成27年12月28日(月)をもちまして住民基本台帳カードの新規交付・更新は終了となりましたので、平成28年1月以降は個人番号カードの新規交付を御検討ください。

既にお持ちの住民基本台帳カードは有効期限まで御利用いただけますが、平成28年1月以降は住民基本台帳カードの更新はできませんので、御承知おきください。

住民基本台帳カードについて

3 住民基本台帳カードの利用について

  1. 引越しの際の転入転出の手続きが簡単になりました。
  2. 他の市区町村で住民票の写しの交付を受ける場合や法で定められた行政機関などへの申請や届出を行う場合、住民基本台帳カードにより確実な本人確認ができるため、迅速な手続きが可能となります。

4 個人情報漏えい等のセキュリティ対策について

 住民民基本台帳ネットワークシステムは、みなさんの大切な個人情報を取り扱うため、個人情報の保護を最重要課題としています。制度面、技術面、運用面から対策を講じています。
 法令により、行政機関における情報の提供先と利用目的を明確に規定し、民間での住民票コードの利用が禁止されています。
 住民基本台帳ネットワークシステムは専用回線を使用しておりインターネットや携帯電話等からの接続は不可能となっています。また、自治体間のデータ通信は暗号化され、不正なアクセスによるデータ解析を防いでいます。
 システム運用にかかる職員を限定するなど厳重な管理体制を設け、業務外利用を防ぎ、データの不正利用には罰則が規定されています。

5 住民基本台帳ネットワークシステムQ&Aについて

6 住民基本台帳ネットワークシステム関連のリンク

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局市民生活部戸籍住民サービス課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2259

ファクス:044-200-3912

メールアドレス:25koseki@city.kawasaki.jp