スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎ワカモノ未来PROJECT

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2024年1月9日

コンテンツ番号119008

川崎ワカモノ未来PROJECT2022ハナサクPresentationでの集合写真

川崎ワカモノ未来PROJECT2022ハナサクPresentationでの集合写真

Vol.02 成果発表会「ハナサクPresentation」

川崎ワカモノ未来PROJECT2023では、11月のスタートアップイベント「Vol.01 ヒラメキLab」を皮切りに、大学生や地域の大人が高校生のプロジェクトに伴走してきました。

このたび約3か月間の取組の集大成として「Vol.02 ハナサクPresentation(成果発表会)」を開催します。

高校生たちが考え、アクションしたプロジェクトの成果を発表します!どなたでもご覧になれますので、ぜひお越しください!(観覧にはお申込みが必要です。)

日時 令和6年2月11日(日曜日)午後1時から午後5時まで(終了時刻は予定)

※受付開始は12時30分

場所 川崎市役所本庁舎2階ホール

観覧申込方法 令和6年2月10日(土曜日)正午までにこちらの観覧申込フォーム外部リンクからお申し込みください。

費用 無料

運営 認定NPO法人カタリバ

詳細はイベントホームページもご覧ください。

ハナサクPresentationイベントページ(カタリバホームページ内)外部リンク

ハナサクPresentation観覧募集チラシ

川崎ワカモノ未来PROJECT2023

川崎市をフィールドに、高校生が自分のありたい姿を考え、高校生ならではの視点で、まちづくりにチャレンジする「川崎ワカモノ未来PROJECT 2023~川崎市を高校生が主役になれる街に~」を実施しています。

11月のスタートアップイベントを皮切りに、大学生メンターや地域の大人が高校生のプロジェクトに伴走し、2月の成果発表会を目指します。

2023年度の開催状況

スタートアップイベント「ヒラメキLab」(終了しています)

令和5年11月23日(木・祝)にスタートアップイベント「ヒラメキLab」を開催しました。現在、23人の高校生がプロジェクトを進めています。

<概要>

対象 川崎市でまちづくりや興味のあることにチャレンジしたい高校生世代

場所 新城WORK PASAR BASE(川崎市中原区上新城2-7-1)

イベントホームページ  https://www.katariba.or.jp/event/42146/外部リンク

運営 認定NPO法人カタリバ

川崎ワカモノ未来PROJECT 参加者募集チラシ

市長からのメッセージ

私がアメリカの田舎町に住んでいた高校生時代、「危ないからまちに信号機を設置したい」と同級生から相談がありました。始めにそのようなことは大人がやることだと思ったのですが、仲間の想いに影響され、一緒に団結して行政や警察にかけあって、たくさんの周りの大人も巻き込んで、最終的に信号を設置することができました。その経験が自信となり、今の自分があります。

このPROJECTでは小さくても構わないので一人一人が、自分の思いをアクションに繋げていくことを期待しています。 

川崎ワカモノ未来PROJECT2022ハナサクPresentationで、高校生を激励する市長

参加高校生に激励の言葉を贈る市長(昨年度)

川崎ワカモノ未来PROJECT2022

 川崎市をフィールドに、高校生が自分のありたい姿を考え、高校生ならではの視点で、まちづくりにチャレンジする「川崎ワカモノ未来PROJECT 2022~川崎市を高校生が主役になれる街に~」(略して「カワプロ」。)を開催しました。

 カワプロは、11月のキックオフイベントを皮切りに、オンライン・オフラインの両方を活用しながら、大学生メンターや地域の大人が高校生のプロジェクトに伴走し、令和5年1月にアクションDAY、2月に成果発表会を行いました。

運営は、認定NPO法人カタリバ川崎ワカモノLabが行いました。

2022年度の開催状況【プログラムは全て終了しました】

(1)実施内容

プレキックオフイベント 令和4年8月18日(木曜日)、9月18日(日曜日)、10月16日(日曜日)

Vol.01 アイデアソン「ヒラメキLab」 令和4年11月13日(日曜日)

カワプロカフェ 令和4年11月から令和5年2月まで(全7回)

(11月20日、12月4日、12月18日、1月8日、1月28日、2月5日、2月11日。土曜日又は日曜日)

アクションDAY 令和5年1月29日(日曜日)

Vol.02 成果発表会「ハナサクPresentation」 令和5年2月12日(日曜日)

(2)参加高校生プロジェクト例

「普通について考える」

私は、人が好きだけれどうまく付き合えない経験がありました。

そこから、他の人が「普通」と考えることは何だろう?ということに興味がわきました。

「あなたにとって『普通』とは?」をアンケートやインタビューした結果、「普通」が人によって違うということを実感しました。

これからは、「人と違ってもいいんだよ」ということをいろいろな人に伝えたいし、人を応援する人になりたいです。

 

「フロ活のススメ」

私は銭湯や温泉が大好きです。

銭湯のいいところは、一緒に入る人たちとコミュニケーションの場にもなるところです。

しかし、銭湯の数は減少しています。今こそ、銭湯の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいと思いました。

川崎市にも銭湯はたくさんあります。南武線沿いの銭湯を調べたマップを作り、アクションDAYでは、来場者の皆様と交流しながら、「オススメの銭湯」、「行ってみたい銭湯」をマップに書き加えてもらったり、お持ち帰り用のマップを配布したりしました。

 

「GO TO カワサキ!キャンペーン」

宿泊者として川崎を訪れる外国人は多いですが、観光地としての川崎の魅力をもっと知ってもらいたいと思いました。

アクションDAYでは、自分がおすすめしたい川崎の観光スポットを展示したり、「市内で外国の方と話をしたことがありますか?どのような場面ですか?」といったアンケートを実施しました。

また、アイドルが好きなので、川崎のアイドルと観光地を絡めて企画を考えていきたいと思い、川崎のアイドル「GABU」さんにインタビューをさせていただきました。

写真で振り返るカワプロ2022


アイデアソン「ヒラメキLab」。高校生、メンター、ゲストメンターが一堂に会し、この日からカワプロ2022は始まりました。


ヒラメキLabの最後には、各参加者が「マイプロジェクト」を宣言しました。


ある日のカワプロカフェ。たまには外でアイスブレイク!そこで行うゲームを考えてくれたのは、参加高校生の有志「リーダーズ」の皆さんです。


外でのカワプロカフェ。女性が手に持っている黄色いリングは、リングビー。川崎市には日本リングビー協会があることから、皆でやってみることにしました。


川崎駅北口改札上のコモレビテラスで開催したアクションDAY。展示「フロ活のススメ」について、企画者が副市長に説明しています。


アクションDAYでのワークショップ「世界の言語と文化を経験しよう!」


アクションDAYの展示「哲学について」


2月5日のカワプロカフェ。ハナサクPresentationの直前であることに加え、ゲストメンターさんもお越しくださり、いつも以上に盛り上がる相談会となりました。


カワプロカフェ。ハナサクのプレゼンに向けて、メンターと相談します。


ハナサクPresentation ブース3でのプレゼンです。市長からも感想と激励の言葉が贈られました。


ハナサクPresentation ブース2でのプレゼンの様子。


ハナサクPresentation 最後はみんなで集合写真!

2021年度の開催状況

(1)実施内容

  • Vol.1 ヒラメキLab 令和3年8月28日(土曜日)開催
  • カワプロカフェ 令和3年9月から11月まで(全6回)開催

(9月13日、10月3日、10月11日、10月31日、11月8日、11月28日)

  • Vol.2 ハナサクPresentation 令和3年12月18日(日曜日)開催

(2)参加高校生プロジェクト例

  • 「『仕掛け』から始まるサステナブル生活」

堅苦しく思われがちな環境問題について、「仕掛け」ることによって興味を持ってもらいました。大学生を対象として次に流行するゴミ箱を考えたり、小学生を対象として環境に優しいプラスチックを作るワークショップを開催しました。

  • 「ボッチャで人をつなぐ」

健常者と障害者の間に壁のようなものを感じることがありました。いろいろな人ができるパラスポーツ「ボッチャ」で、壁のようなものを減らし、誰でも楽しく繋がれる、そんな未来を目指してイベントを開催しました。


環境ワークショップの様子


「ボッチャで人をつなぐ」イベントの様子

(3)受賞

2021年度、川崎ワカモノ未来PROJECT歴代インターンが内閣府特命担当大臣表彰を受賞しました!詳しくは関連記事を御覧ください。

関連記事

2020年度の開催状況

(1) 実施内容

  • Vol.1 ヒラメキLab 令和2年9月6日(日)開催
  • カワプロカフェ 令和2年9月~11月(全6回)開催

  (9月13日、10月3日、10月11日、10月31日、11月8日、11月28日)

  • Vol.2 ハナサクPresentation 令和2年12月6日(日)開催

(2)参加高校生プロジェクト例

  • 「My青春フォト」 学校のみんなの今の気持ちや将来やりたいことなどを取材し、SNSで発信。
  • 「個性で踊ろう」 障害があるかどうかに関わらず、一緒にダンスワークショップをすることで障害の壁を越えたい。
  • 「大好きな本で人と人をつなげたい!」 本で出合う、人とつながるイベントを実施。 ほか 

「個性で踊ろう」ワークショップ


本で人をつなぐイベント

2019年度の開催状況

(1) 実施内容

  • Vol.1 ヒラメキLab 令和元年8月3日(土)開催
  • カワプロカフェ 令和元年8月~11月(全7回)開催

  (8月17日、9月1日、9月14日、10月27日、11月9日、11月24日、11月30日)

  • Vol.2 ハナサクPresentation 令和元年12月1日(日)開催

(2)参加高校生プロジェクト例

  • ベストプロジェクト賞 「夢は追っていいのか」
  • Kawasaki特別賞 「川崎市産野菜でフードロス削減!」
  • ゲストメンター特別賞 「気軽に立ち寄れる音楽カフェ」
  • チャレンジ賞

  「川崎の魅力を伝えるボードゲーム」

  「学校ツナグPROJECT」

  「次世代ビジュアル言語の体系化」 ほか

 


市産野菜で料理会


「夢は追っていいのか」映画上映会

川崎市コミュニティチャンネル「川崎ワカモノ未来プロジェクト&」

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局コミュニティ推進部協働・連携推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2094

ファクス:044-200-3800

メールアドレス:25kyodo@city.kawasaki.jp