スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

キャッシュカードにハサミで切り込みはサギ!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年10月14日

コンテンツ番号121689

キャッシュカードにハサミで切り込みはサギ!

 特殊詐欺の被害において、警察官をかたり、「あなたのキャッシュカードが不正に利用されています。」などと電話で申し向けて、被害者宅に赴き、「証拠品としてキャッシュカードを預かります。カードを使えなくするため、ハサミで切り込みを入れます。」などと言って、被害者が差し出したキャッシュカードにハサミで切り込みを入れ、使えなくなったと安心させてカードをだまし取る新たな手口が、県内において複数件確認されています。

 キャッシュカードに切り込みを入れても、使える場合がありますので、他人にカード等は絶対に渡さないでください。

 対策として、自宅の電話は常時留守番電話に設定するなどして、不審な電話に直接出ないようにしましょう。また、迷惑電話防止機能付き機器等の設置も効果があります。


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局市民生活部地域安全推進課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2284

ファクス:044-200-3869

メールアドレス:25tiiki@city.kawasaki.jp