スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

令和3年度「特別展」~平和のために見る・知る 沖縄戦~報告

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年9月8日

コンテンツ番号132319

令和3年度「特別展」

~平和のために見る・知る 沖縄戦~

令和3年度の特別展は、戦争により県民の4人に1人が亡くなったともいわれる、凄惨な地上戦が行われた沖縄という場所にスポットをあてました。

カラー化された戦前・戦中の沖縄の写真や、沖縄戦体験者の描いた絵(複写)、丸木位里・俊夫妻の描いた「沖縄戦の図」(複写)など、感覚に訴え、戦禍のない未来を考える一助となる展示をしました。

期間

令和3年7月30日(金曜日)~8月26日(木曜日)

展示品

1. カラー化された戦前・戦中の沖縄(モノクロ・カラー):各27枚
2. 沖縄戦関連の物品(沖縄県立平和祈念資料館):7点
3. 沖縄戦の概要パネル:40枚
4. 体験者の描いた沖縄戦(沖縄県立平和祈念資料館):9枚
5. 「沖縄戦の図(複製)」(丸木美術館)





協力

沖縄県平和祈念資料館/公益財団法人 原爆の図丸木美術館/東京大学大学院 渡邉英徳研究室

関連イベント

~平和を語る市民のつどい~

令和3年8月7日(土曜日)午前10時00分~12時30分

【講演会】語り継ぐ戦争体験と戦時下の遍照寺の半鐘

日中戦争と沖縄戦を戦った元日本兵の父の戦争体験を、腹話術と語りで伝える
講師:柳川たづ江さん

教員として長年沖縄戦のフィールドワークに取り組む
講師:木村孝徹さん(神奈川学園中学・高等学校)

令和元年に静岡県の鉄工所で発見された遍照寺(川崎区中島)の半鐘について語る
講師:服部隆博さん(教育委員会事務局文化財課)

【ミニコンサート】

洗足学園音楽大学によるミニコンサート

川崎市平和館「特別展」

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局人権・男女共同参画室平和館

〒211-0021 川崎市中原区木月住吉町33-1

電話:044-433-0171

ファクス:044-433-0232

メールアドレス:25heiwa@city.kawasaki.jp