スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

アートコミュニティ形成プロジェクト「こと!こと?かわさき」について【市制100周年記念プレ事業】

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2024年2月9日

コンテンツ番号154631

アートコミュニティ形成プロジェクト「こと!こと?かわさき」について

目的

アートコミュニティ形成プロジェクト「こと!こと?かわさき」は、まち全体をフィールドとし、アート(文化芸術)を介して、人と人、人と場所、人とモノの間に「こと」を生み出し、人々がつながり合う「アートコミュニティ」を育むプロジェクトです。

多様な人々を結びつけ、アートが有するさまざまな価値や魅力により、コミュニティ形成することで、誰もが文化芸術に触れ参加できる環境「アート・フォー・オール」の実現及び新たなミュージアムの活動につなげることを目的とした取組を進めてまいります。

市内の文化資源を活かしながら文化施設だけでなく、福祉や医療の現場などとも連携し、アートを介してコミュティを形成することで、「対話のある社会」 「孤立しない社会」「多様性の尊重される社会」など、誰でもつながりあい、アートを身近に感じることができるまちを目指します。

川崎市が市制100周年を迎える令和6年度から本格的に始動していきます。

このプロジェクトは本市が参画しており、東京藝術大学が代表機関となっている、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)に採択された「共生社会を作るアートコミュニケーション共創拠点」のプログラムの一環として取り組み、連携協定を締結した東京藝術大学の協力のもと進めています。


関連記事

プログラム内容

「アート」や「コミュニケーション」に関心があり、積極的に学び、川崎市内で活動する意欲があるアートコミュニケータを公募し、運営スタッフや専門家によるさまざまな講座で学びあい、その後それぞれ得意なことを持ち寄り、市内の文化資源を活用しながらアートを介して、コミュニケーションを豊かにする活動に取り組みます。

基礎講座(令和6年4月から6月隔週開催)

アートコミュニケータ「ことラー」として必要な、対話力やコミュニケーションの良い取り方などを、講座を通して学び、スタッフと共に基本的な考え方を共有していきます。

・オリエンテーション、鑑賞体験、「きく力」講座 ほか

実践講座(令和6年7月以降、月2回程度開催)

作品鑑賞やフィールドワークを市内施設と協働し、鑑賞実践講座やフィールドワークを通して対話や新たな価値を見出す力を養う、実践的な活動を伴走スタッフと共に行います。

・鑑賞実践講座(鑑賞の仕方、鑑賞プログラムの企画・実践)

・フィールドワーク(研究者、アーティストとしない文化施設等をめぐる) ほか

特別講座(令和6年度随時・月1回から2回程度)

・市内の文化施設等と連携したプログラム、地域と連携したプログラム  など

実践的なプロジェクトの企画・検討及び実践(2年目以降)

・自主的にアイデアを出し合い、「この指とまれ」方式でそこに集うすべての人が企画に参加し、検討を重ね、伴走スタッフと相談しながら、実際に市内の文化資源を活用したプロジェクトを実行していきます。

アートコミュニケータ「ことラー」について

このプロジェクトの主体となるアートコミュニケータ「ことラー」を募集いたします。「ことラー」は、対話をしながら市内の文化資源を活かして、人・モノ・コト・場所をつないでいく人々です。

・「ことラー」の活動は無償です。交通費、謝礼等の支給はありません。ただし、ワークショップや講座等学びのコミュニティに無料で参加できます。

・「ことラー」の登録期間は1年間(最長3年間)

「ことラー」の登録期間は1年間。次年度以降は本人とプロジェクトとの双方の合意のうえ登録更新し、最長3年間まで更新できます。

・「新百合トウェンティワンホール」研修室を活動の拠点とします。主な活動時間は10時から17時まで。

【活動の拠点】

「新百合トウェンティワンホール」研修室

所在地:川崎市麻生区万福寺1丁目2−2 新百合21ビルB2 新百合21ビル
新百合トウェンティワンホール

新百合トウェンティワンホール

川崎市アートコミュニケータ「ことラー」募集【2024年度参加者の募集は締め切りました】

「ことラー」募集【2024年度参加者の募集は締め切りました】

こと!こと?かわさきの活動の主体となるアートコミュニケータ「ことラー」を30名募集します。【2024年度参加者の募集は締め切りました】

ことラーは、学びの基礎となる講座を受けながら、いろいろな背景を持った人が集い対話を重ね、新たなコミュニケーションを育んでいきます。

ことラーの活動は、プロジェクトチームがサポートします。

応募受付期間 2023年12月17日(日)〜2024年2月2日(金)

詳しい参加条件や応募要領等については、 こと!こと?かわさき ホームページで御確認ください。

「こと!こと?かわさき」はじめます。ことラー募集!

関連記事

関連イベントの紹介

「Colors,future!summit 2023 KAWASAKI」アートトークセッション【終了しました】

「アートで出会い、つながるまち。未来へ!」【終了しました】

川崎市では市制100周年を迎える令和6年度から、誰もが文化芸術に身近に触れ、参加できる環境「アート・フォー・オール」の実現に向け、アートコミュティ形成プロジェクト「こと!こと?かわさき」がスタートします。

プロジェクトの本格始動に先立ち、「アート・フォー・オール」の取組、そして「こと!こと?かわさき」が展開される未来の川崎について想いを馳せ、アートに関わる有識者等と一緒に川崎の未来を語るアートトークセッションを、市制100周年記念プレイベントとして「Colors,Future!Summit 2023 KAWASAKI」にて開催いたします。

詳しい内容は次の関連ホームページでご確認ください。

こと!こと?フォーラム ケア×アートで幸せなまちづくり ~「こと!こと?かわさき」をはじめよう~【終了しました】

【フォーラムは終了しました。】

フォーラムの当日の様子は「こと!こと?かわさき」ホームページにて御覧いただけます。

プロジェクトの出発点として開催するこのフォーラムでは、市内で展開されている「暮らしの保健室」や「社会的処方」の事例、東京藝術大学がこれまで手掛けてきたアートコミュニケーションの実践例から、ケアとアートの領域がかけ合わさって作り出される、誰もが社会とのつながりを持ち、自分らしくいきいきと暮らせる地域社会、ウェルビーイングなまちのあり方を捉えます。

「こと!こと?かわさき」が目指す「対話のある社会」、「多様性が尊重される社会」、「孤立しない社会」の実現に向け、はじまりの一歩を一緒に考えていきたいと思います。

フォーラムの詳細な内容は こと!こと?かわさき ホームページで御確認ください。

こと!こと?フォーラム 開催周知チラシ

関連記事

市制100周年ロゴ
川崎市市制100周年記念事業 市の取組ページはこちら

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局市民文化振興室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3170

ファクス:044-200-3248

メールアドレス:25bunka@city.kawasaki.jp