スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

商店街施設整備・撤去事業

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年8月24日

コンテンツ番号17512

商店街施設整備事業補助金

商店街が保有する街路灯、アーチ、アーケード等の施設整備や、街路灯の撤去に対する補助金です。

整備事業

街路灯、アーチ、アーケード、カラー舗装、街路緑化、シンボルゾーン、噴水、彫刻、案内看板等

  • 最低事業費
     50万円
  • 補助率
     25%以内
  • 補助限度額
    法人団体
     800万円(街路灯は補助上限1基6.25万円)
    任意団体
     300万円(街路灯は補助上限1基6.25万円)

駐車場、駐輪場

  • 最低事業費
     50万円
  • 補助率
     30%以内
  • 補助限度額
    法人団体
     800万円
    任意団体
     300万円

安全・安心事業

防犯カメラ、AED等商店街の安全・安心な環境づくりに必要な施設

  • 最低事業費
     10万円
  • 補助率
     25%以内
  • 補助限度額
    法人団体
     800万円
    任意団体
     300万円

整備事業と安全・安心事業で対象になる施設のうち、設置後、管理期間を超過したものについて、危険防止等のために行う改修・補修・撤去等

  • 最低事業費
     10万円
  • 補助率
     25%以内
  • 補助限度額
    法人団体
     800万円
    任意団体
     300万円

商店街リニューアル事業

整備事業と安全・安心事業で対象になる施設のうち、2種類以上の施設を複合的に整備するもの

  • 最低事業費
     1,000万円
  • 補助率
     25%以内
  • 補助限度額
    法人団体
     2,500万円
    任意団体
     1,000万円

商店街モール再整備事業

既設の商店街モール(カラーと舗装等)を市が推奨する仕様に再整備するもの

  • 最低事業費
     1,000万円
  • 補助率
     1/3以内
  • 補助限度額
    法人団体
     2,500万円
    任意団体
     1,000万円

既設の商店街モール(カラーと舗装等)を上記以外の仕様に再整備するもの

  • 最低事業費
     1,000万円
  • 補助率
     1/4以内
  • 補助限度額
    法人団体
     2,500万円
    任意団体
     1,000万円

街づくり事業(法人のみ対象)

街路灯、アーチ、アーケード、カラー舗装、街路緑化、駐車場、駐輪場、シンボルゾーン、噴水、彫刻、コミュニティーセンター等のうち2種類以上の施設を一体的、総合的に整備するもの

  • 最低事業費
     1億円
  • 補助率
     25%以内
  • 補助限度額
    法人団体
     7,500万円
    任意団体
     -

商店街エコ化プロジェクト事業

LED街路灯新設

※新設とは新たに支柱を設置する場合です。それ以外の場合は改修とします。

  • 最低事業費
     50万円
  • 補助率
     1/2以内
  • 補助限度額
    法人団体
     800万円(補助上限:1基20万円)
    任意団体
     800万円(補助上限:1基20万円)

LED街路灯への改修

※電柱共架型への改修やアーケード内の改修を含みます。
※既存のLEDやセラミックメタルハライドランプ等の省エネ型街路灯からの改修は除きます。

  • 最低事業費
     50万円
  • 補助率
     1/2以内
  • 補助限度額
    法人団体
      600万円(補助上限:1灯7.5万円)
    任意団体
      600万円(補助上限:1灯7.5万円)

セラミックメタルハライドランプ等LED街路灯以外の省エネ型街路灯への改修

※電柱共架型への改修やアーケード内の改修を含みます。
※既存のLEDやセラミックメタルハライドランプ等の省エネ型街路灯からの改修と既存のアーケード内省エネ電球の交換は除きます。

  • 最低事業費
     50万円
  • 補助率
     1/2以内
  • 補助限度額
    法人団体
     200万円(補助上限:1灯4万円)
    任意団体
     200万円(補助上限:1灯4万円)

施設撤去事業(令和5年3月31日まで)

商店街が保有する街路灯を撤去する事業

  • 最低事業費
     10万円
  • 補助率
     1/2以内
  • 補助限度額
     街路灯 200万円 

建物、車両、備品、機械装置(法人のみ対象)

建物:商店街事務所等、車両:貨物運搬自動車等、備品:スタンプカードシステム、複写機、放送設備等、機械装置:減価償却資産の耐用年数等に関する省令に掲げる設備

  • 最低事業費
     50万円
  • 補助率
     25%以内
  • 補助限度額
    法人団体
     800万円

お申込みから補助金お支払いまでの流れ

(1)整備を行う前年度に市が各商店街にお送りする補助金エントリーシートに見積書を添付し返送。

(2)整備を行う年度に交付申請書(第3号様式)と添付書類を提出。市が交付決定。

(3)契約、整備、業者への支払い。

(4)事業完了届(第6号様式)と添付書類を提出。市が交付確定、請求書を送付。

(5)請求書を返送。市が補助金を入金。

※施設撤去事業は(2)からでも申請いただけます。
※商店街リニューアル事業、商店街モール再編整備事業、及び街づくり事業は整備を行う前々年度までに事業計画書(第1号様式)を提出する必要があります。

管理状況報告書の提出

補助を受けられた商店街は管理期間中、整備したものの管理状況について、毎年8月末日までに報告書 (第8号様式)を提出する必要があります。

※管理期間は、要綱の別表第1に各事業ごとに記載されている期間をご確認ください。補助を受けた翌年度から起算します。

消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告書について

消費税及び地方消費税を補助対象経費とする場合で、実績報告後に消費税の申告を行い、補助事業に係る仕入れ控除税額が確定した場合は、消費税等に係る仕入控除税額報告書(第9号様式)の提出が必要です。

要綱・様式類

注意事項

  1. 次の場合は補助対象外になります。
    ・交付決定前に契約と整備をした場合
    ・交付申請年度の3月31日までに整備と業者への支払いを完了できない場合。
  2. 補助は予算の範囲内で行うため、受付けできない場合があります。
  3. 応募の状況により、補助率や補助内容が変更になる場合があります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業振興部商業振興課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2328

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28syogyo@city.kawasaki.jp