スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

法律・条例改正等について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2023年4月1日

コンテンツ番号73366

トピックス

令和5年4月1日に川崎市公害防止等生活環境の保全に関する条例施行規則の一部を改正しました。

事業所の施設、容器等の故障、破損その他事故が発生した際に事業者が応急の措置等を行うべき物質を87物質定めていますが、新たに4物質を追加し91物質とします。

追加される物質
・アニリン
・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩
・ペルフルオロオクタン酸(別名PFOA)及びその塩
・ペルフルオロ(オクタン―1―スルホン酸)(別名PFOS)及びその塩

事故時の措置に係る物質新旧対照表

過去の法律・条例改正等について

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境対策部環境対策推進課 発生源水質担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2521

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30suisin@city.kawasaki.jp